SHARE

漆の器は、日本の伝統文化である。長野県の木曽平沢にある丸喜小坂漆器店は、日本を代表する漆器店のひとつ。約70年前に創業されて以来、現在まで漆を生業としてきた。

今回は、そんな丸喜小坂漆器店が、伝統に新しさを加えたモダンな器「蕾(tsubomi)クリスタルボウル」を紹介する。

美しくて、誠実で、ドキドキさせる漆硝子
華やかで落ち着いた艶感、日本の美を体現する色彩、そして肌を吸い込むような感触

華やかで落ち着いた艶感、日本の美を体現する色彩、そして肌を吸い込むような感触。その全てを兼ね備えたのが、漆硝子だ。漆の豊かな魅力を、涼しくて透き通った硝子に纏わせる。すると、漆の従来のイメージからはかけ離れた自由な器が完成した。

漆硝子の内側の万華鏡を思わせるカラフルなストライプ柄は、花の蕾を連想させる

漆硝子の内側の万華鏡を思わせるカラフルなストライプ柄は、花の蕾を連想させる。

このストライプは、全て手作業によって描かれている。

この美しくて繊細な漆硝子への挑戦は約20年前に始まった

この美しく繊細な漆硝子への挑戦は約20年前に始まった。

丸喜小坂漆器店は1994年に漆硝子の先駆けとなる「すいとうよ」を製作した後、木曽漆器の遺伝子をより深く受け継ぐ漆硝子を目指し製作を続けてきた。

試行錯誤を重ねた末2013年に誕生したのが、装いもあたらしい漆硝子「百色(hyakushiki)」。キャッチコピーは『美しくて、誠実で、ドキドキさせる漆硝子。』。その「百色」シリーズのひとつが、この「蕾(tsubomi)クリスタルボウル」というわけだ。

現代の生活にも馴染むデザイン

「“漆らしさ”を使いやすく楽しいものに昇華させたい」という思いから誕生した「百色」シリーズは、現代の生活にも馴染むデザインとなっている。

その美しさはテーブルに置いておくだけで、インテリアのような存在感。食卓の器としても、空間をより一層華やかに盛り上げる。

職人が手作業で丁寧に製作

職人が手作業で丁寧に製作しているので、ひとつとして同じものがないのもうれしいところである。

「百色」シリーズには他にもカップ&ソーサーなど、身近なアイテムも多いので、商品の種類の詳細などが気になる人はホームページからチェックしてほしい。

大切な人への贈り物にもぴったりのテーブルウェアである。

蕾クリスタルボウル (hyakushiki) [丸喜小坂漆器店]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense