春になると、短い靴下を履く機会が増える。そこで問題になるのは、靴下が靴の中で脱げてしまうことだ。

地味にイライラするのと、だからと言って靴下を履かないのは気がひける。そんな問題を解決すべく、開発された靴下を発見した。

現在Kickstarterにてクラウドファウンディング中の「William & Sterling」だ。

この靴下は、男性が履く短い靴下No.1を開発するという目的で作られた

この靴下は、男性が履く短い靴下No.1を開発するという目的で作られた。

くるぶし丈ソックスで男性が快適に履けるものがなかなかないことから、2015年から実験を重ね、遂に完成したのだ。

くるぶし丈ソックスで最も問題なのが、すぐにくるりと脱げてしまうところ

くるぶし丈ソックスで最も問題なのが、すぐにくるりと脱げてしまうところ。その問題を根本から解決するために、何度も設計・デザインを修正してたくさんの試作品を製作した。

「William & Sterling」の特徴である、シリコンの入れ方を変えるなど、過去10ヶ月の間にたくさんのデータを集め、遂にプロダクト化に至った。

靴下に入っているシリコンが足から脱げないようサポートする仕組みがある

この脱げない靴下の秘訣は、靴下に入っているシリコンが足から脱げないようサポートする仕組みがあるところである。従来の靴下は、シリコン部分が足から靴下を脱げないようにする“滑り止め”の機能がほとんどなかった。

その問題を解消したために「William&Sterling」を履けばいつまでも脱げない快適さをキープできるようになったのだ。

この靴下のシリコン部分には臭いを吸収する役割がある

さらには、この靴下のシリコン部分には臭いを吸収する役割がある。従来の靴下のような不快な臭いがなくなるのは、男性にも女性にも非常にうれしいポイントである。またプロダクトのクオリティを保つため、デザインはスウェーデンで行われ、製作はヨーロッパ内で行われている。

そのため縫合も丁寧で、すぐに破れてしまうなどの問題もなくなる。

試行錯誤を重ねた上で、遂に完成した脱げないくるぶし丈ソックス。今まで脱げるのが嫌で靴下を履かない派だった人も、これなら靴下を履く気になるだろう。そして、もう靴を脱いだ後の不快な臭いもなくなる。

デザインの種類も豊富で、サイズはフリーサイズのものと女性用の2種類が用意されている。短い靴下が大活躍するこの時期に、欲しくなるアイテムだ。

William & Stering [Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense