毎日にクリエイティブをおくる、今月のうたと暮らしは、「短歌」の表現のおもしろさを知ってもらう企画。
「短歌」に意識を向けてみたら、140文字より圧倒的に少ない“31文字”のことばに、詰まっているものに驚いた。ハッとしたり想像が膨らんだりするのがとても楽しく、日々にクリエイティブな視点を与えてくれる気がしている。

その月に合ったテーマで月1本、リレー形式で毎月異なる歌人の短歌を、描き下ろしの10首連作でお届けする。
連作の中にある展開やストーリーを、まずは楽しんでみてほしい。

第1回目の歌人は東 直子さん、テーマは「新生活」。

花に布団

東 直子



質問を受ける時間のしずけさに硝子の箱の中の恋文


大陸をめざした「野性号」に立つ青年の背と尻のかがやき


徹夜あけの足一歩ずつ階段を下りて光の漏れるドアへと


風化するゴジラのごとく東京を横断しつつ咲き散る桜


花粉症の瞳の中の遺失物管理人らの謝罪会見


やくたたずの水たまりが目の奥でにぶく光っている午後三時


まばたきのわずかな音をききわけてこころの蜂がとびこんでくる


全身が傘めく人と花を見てしぶきをあびてむヨーグルト


腐らないレモンと鯖と君の顔かざっているよ春の窓辺に


交通費くらいは出してあげるから平たい布団に眠りにきてよ


東 直子(ひがし・なおこ)
広島県生まれ、歌人、作家。1996年「草かんむりの訪問者」で第7回歌壇賞受賞。歌集に『春原さんのリコーダー』『青卵』『東直子集』『愛を想う』『十階-短歌日記2007』など。2006年7月に初小説『長崎くんの指』。
Webサイト:直久

illustrated by ki_moi

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense