お気に入りのペンのインクを買おうとしたら、もう売ってなかった。そんな悲しい体験をしたことがある人は多いはず。

あるいはペンの販売が終了した際は、同時に詰め替えインクの買いだめが不可欠となる。

インクを選ばず、自由に入れられるペンがあればいいのに……。そこで、さまざまなインクをフィットさせられる画期的なペンが誕生した。

使用できる詰め替えインクの幅が広い「Ti Pro Pocket」の紹介

Ti Pro Pocket」は使用できる詰め替えインクの種類の幅が広い、チタン製のペン。毎日持ち運ぶことを目的とした、「EDC(everyday carry)ペン」として製作された。

隙間やギャップ、そしてペンのぐらつきなしで80以上の詰め替えインクがフィットするようにできているのだ。

ペン先の開口部が自動調整されるので、詰め替え品が合わず音を立てることもない

ペン先の開口部が自動調整されるので、詰め替え品が合わず音を立てることもない。

また、サイズを好みに合わせて長め・短めを調節することもできる。

見た目の変化なくシームレスに利用できるのが特徴的

見た目の変化なくシームレスに利用できるのが特徴的。パーカースタイルのボールペンリフィルと標準的なローラーボールリフィルの両方が完全にフィットするようにデザインされている。

コンパクトで快適なグリップは、長時間メモを取るときなどに役立つ

コンパクトで快適なグリップは、長時間メモを取るときなどに役立つ。

また日本のペンだと、パイロット社、トンボ社、ペンテル社、ゼブラ社、無印良品、三菱鉛筆のユニボールなど、さまざまな詰め替えインクが例として挙げられている。

詳しくは「Ti Pro Pocket」のクラウドファウンディングをしているKickstarterのページを見て欲しい。

色は黒とシルバーの2種類あり、どちらも落ち着いた色でビジネスでは重宝しそう

色は黒とシルバーの2種類あり、どちらも落ち着いた色でビジネスでは重宝しそう。選択肢が多く、日本製の数々の詰め替え品にも対応しているのがうれしい。

「Ti Pro Pocket」が1本あれば、インクを買うだけ使用できるので、ペン本体代の節約にもなる。最近インク切れのペンにイライラしていた人に、オススメしたいアイテムだ。

Ti Pro Pocket [Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense