子供の頃は「ブロック遊び」が大好きだった……。

そんな人にオススメしたい、新しい時代のブロック「PIXIO」が誕生した。

こちら、自由度の高いブロックとなっている。

重さはわずか1グラムで、中には強力な6つのマグネット

「PIXIO」は8x8x8mmサイズの小さなプラスチックブロック。重さはわずか1グラムで、中には強力な6つのマグネットが入っている。

マグネットといえば極性が気になるところだが、それぞれの側面が反発することなく自然にくっつくように設計されているのが特徴だ。

お互いが完全なパーツでありながらも、組み合わせて新しいものが作れるブロックを作りたいという想いから誕生した

そもそも「PIXIO」は、お互いが完全なパーツでありながらも、組み合わせて新しいものが作れるブロックを作りたいという想いから誕生した。

既存のブロックだと、ブロックをはめたり合わせたりなどの時間がかなりかかっていた。上に積み重ねることはできても、横や下にパーツがはめられなかったりなどの不便さも。

そんな小さな不満を全て解決したのがこの「PIXIO」なのだ。

ブロックの色は全部で16色も準備されている

ブロックの色は全部で16色も準備されているのもうれしい点である。

さらに「PIXIO」は、ネオジウムという大変強力なマグネットを使用している。ちなみに現在、特許申請中とのこと。

「PIXIO」を使って製作可能な作品の作り方を説明する、専用アプリケーションも開発されている

現在「PIXIO」を使って製作可能な作品の作り方を説明する、専用アプリケーションも開発されている。

全種類のキットには簡単に作るための紙の説明書が付属。

「PIXIO」でのアート製作は無限大の可能性を秘めている

「PIXIO」でのアート製作は無限大の可能性を秘めている。

現在クラウドファウンディング中のKickstarterにてさまざまな作品が紹介されているので、日常的に活用されている具体例を紹介したい。

ピクセル基調のニコちゃんマークがかわいらしい

まずはペン立て。ピクセル基調のニコちゃんマークがかわいらしい。もちろん、デザインは自分好みのものを自由に作ることが可能だ。

マグネットの力をうまく活用した例である

続いて、本立て。マグネットの力をうまく活用した例である。他の動物を自分で作ってみたくなる。

ホワイトボードの近くに置いておけば、暇つぶしにアートを描ける

次は実用的ではないが、オフィスに置きたいと思う使用例だ。ホワイトボードの近くに置いておけば、暇つぶしにアート作品も作れる。上の画像のゴッホのクオリティの高さは「PIXIO」ならでは。

冷蔵庫に貼るマグネット

そして、冷蔵庫に貼るマグネット。かわいらしいマグネットをアート感覚で作成できる。

さらにマグネットでポッケを作れば、冷蔵庫に貼る小物入れにもなりそう。

使用目的を示すマークとしての使用例

最後に使用目的を示すマークとしての使用例。印象的なデザインなので、どの引き出しに何が入っているかすぐにわかりやすい。

以上のように、ただ遊ぶだけでなく日常的に活用できるのが「PIXIO」の特徴である。見ているだけで大人でも欲しくなる、まさに画期的なブロックだ。

PIXIO [Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense