本が大好きな人は、本棚と椅子の距離ができるだけ近くあってほしいと願うだろう。

そんな“本の虫”にぴったりのインテリアを発見した。

その名の通り、本の虫のためのインテリアであり、本棚と椅子が合体したインテリア「Bookworm」だ。

本棚と椅子が合体したインテリア「Bookwarm」の紹介

オランダのデザイン事務所であるAtelier010によって製作された「Bookworm」。美しい円を描くようなフォルムは、インテリアとしても見栄えがいいのが特徴である。

棚の部分は多くの仕切りがあり、スペースのサイズも異なるので、本の種類や大きさ別にたくさんの本の収納が可能

シンプルな豆電球が優しい光を照らすので、時間を問わずに本を楽しむことができる

また、シンプルな豆電球が優しい光を照らすので、時間を問わずに本を楽しむことができる。

まさに本を読むために設計された家具であり、本好きにはたまらない。

職人によって、ひとつひとつハンドメイドで作られているのもポイント

職人によって、ひとつひとつハンドメイドで作られているのもポイントだ。色の種類も豊富で、自分好みにカスタマイズすることが可能なのだそう。

本の虫にとっては夢のような家具である「Bookworm」

本の虫にとっては夢のような家具である「Bookworm」。注文はホームページからの問い合わせによって受け付けているとのこと。

また日本への発送も可能なので、詳細が気になる人はぜひ問い合わせてみてほしい。

休日は1日中本を読んで過ごしたい人にぴったりの、ユニークな家具である。

Bookworm

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense