SHARE

旅をしていて犯罪に巻き込まれるとしたら、圧倒的に多いのがスリなどの盗難である。

僕はよく旅をするので、防犯には気を使う。例えば、あまりカバンは持たないようにしている。というのも、スリなどの被害に合うのは観光客が多いから、身軽な格好をしていれば現地人っぽい雰囲気がでて被害にあいにくいし、また手ぶらなので旅もしやすくなるからだ。

ホテルに泊まるときでも、貴重品はスーツケースなどにいれて鍵をかけておく。日本ではここまでする必要がないかもしれないが、世界ではこれが当たり前。

このUSB充電器型監視カメラ「LookOut Charger」があれば、さらに心強い。

「LookOut Charger」は一見、USB充電器にしか見えない小型の監視カメラ

「LookOut Charger」は一見、USB充電器にしか見えない小型の監視カメラだ。

SDカードの差し口やカメラも見えないし、実際にUSBケーブルを繋げて充電できるというから、まさに充電器そのもの
使い方も簡単で、コンセントにさせばすぐに録画が始まる

SDカードの差し口やカメラも見えないし、実際にUSBケーブルを繋げて充電できるというから、まさに充電器そのもの。

使い方も簡単で、コンセントにさせばすぐに録画が始まる。SDカードを買う必要もないし、また特別なアプリをダウンロードする必要もないから、誰にでも簡単に使うことができる。

録画された動画は、パソコンに繋げればすぐに観ることができる

メモリは16GBと32GBのものがある

録画された動画は、パソコンに繋げればすぐに観ることができるようになっている。メモリは16GBと32GBのものがあり、16GBであれば3~4時間、32GBであれば6~7時間の映像が録画可能だ。容量が一杯になったときには、自動で古いものから削除されるようになっているので、途中で録画が止まる心配もない。

「Indiegogo」にて16GBは$90、32GBは$140の出資をすることで手に入れることができる(記事執筆時点)。もちろんプラグの形も選べるので、日本のコンセントにも対応している。

日本人は未だに「金持ち」のイメージがあるから、盗難の標的になりやすい。「LookOut Charger」は小型でかさばらないのでひとつ旅行に持って行って、安全な旅を楽しんでほしい。

LookOut Charger [Indiegogo]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense