最近はVRなどの普及により、ゲームの選択肢が多くなった。それでもやっぱりアーケードゲームが恋しくなるのは、やはりどこか懐かしさを感じるからだろう。

だからこそ、家に思い出として置きたい。

そんなインテリアとしての役割を果たす、アーケードゲーム「REPLAY ARCADE CABINET」が誕生した。

インテリアとしてもいいアーケードゲーム「REPLAY ARCADE CABINET」

「REPLAY ARCADE CABINET」はロンドンを拠点とするデザイン事務所「STOA」によって制作されている。飾れるアーケードゲームとして、どんな空間にも合うインテリアになるようデザインされた。

継ぎ目がなく、ひとつのピースとして完成されたREPLAY ARCADE CABINETは、全てがハンドメイドで作られるのも特徴のひとつ。クラフトマンシップを尊重しているため、一台作るのに数週間を要している

ゲームのレトロ感を残すため、スクリーンにもこだわりがある

ゲームのレトロ感を残すため、スクリーンにもこだわりがある。近代のテクノロジーを使用したLCDモニターにより、昔のアーケードゲームと変わらないスクリーンを映し出すことが可能に。

思い出をそのまま再現しているため、昔に戻ったような気持ちでゲームを楽しむことができる。

スピーカーのクオリティも高く、ゲームの音量を自分好みに調節することも可能

スピーカーのクオリティも高く、ゲームの音量を自分好みに調節することも可能だ。

また全てがハンドメイドで作られていることを生かし、パネルの色やペイントデザインだけでなく、コントロールパネルのセットアップを自分好みにカスタマイズできる。

一人用・二人用を選ぶことだけでなく70/80年代のゲームか90年代のゲームか、そして搭載するゲームの種類を選ぶこともできるので、ゲーム好きにはたまらないアイテムだ。

デザイナーのこんなアーケードゲームが自宅にあったら、という思いから作られた「REPLAY ARCADE CABINET」

デザイナーのこんなアーケードゲームが自宅にあったら、という思いから作られた「REPLAY ARCADE CABINET」。インテリアとしても美しく、リビングにひとつ置いてあるだけで、ガラッと印象を変えてくれるだろう。

REPLAY ARCADE CABINET [STOA]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense