SHARE

子どもの頃、誰もがLEGOで遊んだことがあるのではないだろうか。その組み合わせによって、船からロボット、城まで何でも作れる自由度の高さから、熱中して遊んだものだ。

LEGOの種類によっては、その「土台」となる四角形の板があって、その上に城などを作っていた。従って、「自由に何でも作れる」とはいっても、“平らな土台の上”での話であった。

しかしこの「Nimuno Loops」は、でこぼこな場所、壁など、どんな面でもLEGOの土台にしてくれる

どんな面でもLEGOの土台にしてくれる
どんな面でもLEGOの土台にしてくれる
どんな面でもLEGOの土台にしてくれる

Nimuno Loopsは、柔らかくて切って使えるLEGOの土台となるテープ。今まではある程度決まった土台の上で遊んでいたLEGOが、日常生活のすべてのものをLEGOの土台とできるため、可能性は無限大だ。

シンプルなコンセプトながらその人気は高く、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」では既に多くの資金が集まっている。

Nimuno Loopsを使って一緒に遊んでみてはどうだろうか
Nimuno Loopsを使って一緒に遊んでみてはどうだろうか

価格も$13~と、お手頃だ。色は黒、紫、緑、青、灰色、赤の6色から選べるようになっている。

子どもがいる家庭なら、Nimuno Loopsを使って一緒に遊んでみてはどうだろうか?

Nimuno Loops [INDIEGOGO]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense