SHARE

4月が近づいて、新生活に心ときめかす人も多いだろうが、忘れないで欲しいのが「防災グッズ」。そう、悲しいかな、私たちの国・日本は、常に地震の危険にさらされているのだ。

「スツールバッグ」。少し大きめなバッグに見えるが、れっきとした防災バッグだ

本日紹介するのは、「スツールバッグ」。少し大きめなバッグに見えるが、れっきとした防災バッグだ。

避難する時に見た目なんて気にしてられない、と思う人がいるだろう。しかし、実際には防災グッズを、最大限に生かすためには重要なファクターだ。

ふだん防災グッズをどこに置いているだろうか。人目につかないクローゼットの中で、他の物の奥に埋もれている、なんて人が多いのではないだろうか。それではいざという時に間に合わない。防災グッズを取りに行ったせいで身を危険にさらしてしまっては元も子もない。

防災グッズは、常にサッと手の届くところに置いていなくては意味がない

このバッグはある被災者の「持ち出す物は必ず、身の回りに置いておかないといけない」という言葉をきっかけに作られたものだ。

防災グッズは、常にサッと手の届くところに置いていなくては意味がない。

スツールバッグは椅子としても活躍する

そしてその名の通り、スツールバッグは椅子としても活躍する。普段の生活にはもちろんだが、脚に怪我をした時などはそのありがたみが痛いほど分かるだろう。

設置場所として特におすすめしたい場所は玄関。普段は、靴を履く時にちょいと腰かけられるし、いざという時も、玄関だったらかなりの可能性で通るだろう。見かけによらず100kgまで耐えられる強度だというから、安心して座って大丈夫。

パッと手に取ったら、肩にかけて持ち運べるから身軽だ

パッと手に取ったら、肩にかけて持ち運べるから身軽だ。その姿はスタイリッシュ。

非常食やビニールシートなどの基本防災グッズ15品に加えて、500mlのペットボトルが2本も入る

そうなると、不安になるのが、肝心の収納力。いくらかっこよくても、あまりモノが入らなくては意味がないが、非常食やビニールシートなどの基本防災グッズ15品に加えて、500mlのペットボトルが2本も入るからご安心あれ。

アイボリー、レッド、ブラック、ブラウンの4色展開
アイボリー、レッド、ブラック、ブラウンの4色展開

アイボリー、レッド、ブラック、ブラウンの4色展開。お買い求めはコチラから。

災害はいつ起こるか分からないから恐ろしい。だからといって、普段の生活をないがしろにしてしまうのは悲しい。できる準備はきちんとしつつも、毎日の生活はちゃんと楽しんでいたいものだ。

スツールバッグ [REANGLE]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense