ハムを作る」と聞くと、手間ひまかかってやたらとめんどくさい。確かに腸詰したり燻したり……と、アウトドア派な人向けというイメージだ。

しかし、鶏肉なら「こんなに簡単なの?」と驚いてしまうほど。しかも鶏肉の中でも安く手に入るムネ肉を使うので財布にも優しい。

『鶏ハム』の簡単レシピ

材料


作り置きしておきたい『鶏ハム』の簡単レシピ

鶏ムネ肉(2枚)
(小さじ2)
ガムシロップ(大さじ1)
粗挽きコショウ(小さじ2)
カレー粉(大さじ1)

今回はガムシロップを使っているが、はちみつでも砂糖でもOK。シンプルにしたい場合には、カレー粉は使わなくてよい。

下準備

ムネ肉を観音開きに切り目を入れ、厚みをなるべく均等にし、表面に塩と粗挽きコショウを擦り込む

ムネ肉を観音開きに切り目を入れ、厚みをなるべく均等にし、表面に塩と粗挽きコショウを擦り込む。

ビニール袋にガムシロップと一緒に投入し、よく揉み込む

ビニール袋にガムシロップと一緒に投入し、よく揉み込む。

そのビニール袋のまま空気をよく抜いて口を閉じ、冷蔵庫で1~2晩寝かせると、味が染み込んでいく。

作り方

STEP1

ビニール袋から取り出し、内側に巻き込む方の面にカレー粉をまぶし、ロール状に巻きながら空気が入らないようにラップでしっかり包む
写真はゴムで留めているが、ラップを2回巻いても剥がれてこない。どちらのやり方でもOK

ビニール袋から取り出し、内側に巻き込む方の面にカレー粉をまぶし、ロール状に巻きながら空気が入らないようにラップでしっかり包む。

写真はゴムで留めているが、ラップを2回巻いても剥がれてこない。どちらのやり方でもOK。

STEP2

鍋に水を入れ沸騰すれば投入。水の量はヒタヒタにつかるように。再び沸騰してから1分煮立たせる

鍋に水を入れ沸騰したら投入。水の量はヒタヒタにつかるように。

再び沸騰してから1分煮立たせる。

STEP3

火を止め蓋をして冷めるまでそのまま放置すればでき上がり
好みの厚さにスライスして、そのまま召し上がれ。オリーブオイルと粗挽きコショウをお好みで振りかけてもおいしい

火を止め蓋をして冷めるまでそのまま放置すればでき上がり。

好みの厚さにスライスして、そのまま召し上がれ。オリーブオイルと粗挽きコショウをお好みで振りかけてもおいしい。

アレンジレシピ

オープンサンド

パンをトーストしてバターを塗り、レタスなど好みの野菜と鶏ハムをのせ、マヨネーズとコショウをかける

パンをトーストしてバターを塗り、レタスなど好みの野菜と鶏ハムをのせ、マヨネーズとコショウをかける。

スープ

茹で汁に塩コショウ少々とお好みで醤油を少し垂らし、火にかけ煮立ってきたら玉ねぎとプチトマト、そして鶏ハムを入れる。この茹で汁は本当においしいので、ぜひ活用してほしい

茹で汁に塩コショウ少々とお好みで醤油を少し垂らし、火にかけ煮立ってきたら玉ねぎとプチトマト、そして鶏ハムを入れる。この茹で汁は本当においしいので、ぜひ活用してほしい。

ワンポイントアドバイス

・ラップを外し茹で汁ごと密封容器に入れ冷蔵保存すれば、3~4日保存できる。
・ラップに溜まっている金色に輝く液体は、鶏肉のエキスがタップリ詰まっっているので、茹で汁に混ぜればさらにおいしさ倍増。
・鶏肉は新鮮なものを使うこと。

その他にも、ベーコンのようにカリカリに焼いてサラダのトッピングにしたり、厚めに切ってハムステーキにしたり、アレンジ次第でバリエーションを増やすことができ、パーティーなどでも豪華な一品ができ上がる。

ムネ肉が特売していたら、それが作り時。満足な仕上がりに、自分で作ったと自慢したくなる鶏ハムを作ってみてはいかがだろうか。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking