インターネットのショッピングモールでインテリアやキッチン雑貨を購入することは、もう珍しいことではない。大物家具の購入は個人的にはためらう部分があるが、ショッピングモールの品揃えの豊富さを見ると、足を使って探すより圧倒的に多くの品に出会えるのがポイントかもしれない。

ただ、品が膨大ゆえに欲しいものの探しにくさがあったり、「どれを買うべきか」がわからなかったりもする。

そこでインターネットショッピングモール・楽天市場では、実際に購入できるプロダクトを使用したリアル見本ルーム「楽天でつくれる憧れの映画&ドラマ部屋」を3/17(金)、18(土)の2日間で開催する。

『ゴシップガール』のブレア&ダン、『ティファニーで朝食を』のホリーの部屋が再現

ゴシップガールのブレアの部屋
ゴシップガールのダンの部屋
ティファニーで朝食をのホリーの部屋

秋葉原のレンタルスペースで一般公開される「楽天でつくれる憧れの映画&ドラマ部屋」では、アメリカのテレビドラマ『ゴシップガール』のブレア、ダンの部屋、オードリー・ヘプバーンが主人公を演じた映画『ティファニーで朝食を』のホリーの部屋が再現される。

予約不要・入場無料で、家具に実際に触れてよい他、撮影も自由。すべての品が楽天市場で販売されているので、気に入ったものは実際に購入が可能だ。

レンガの壁紙でブルックリン感を出したダンの部屋

やはり映画、ドラマのセットと“まったく同じ部屋”にするのは難しいが、雰囲気を近づける手法を、インテリアコーディネーターの三宅利佳さんに教わった。

「人は、インテリアを色・形・質感・配置で見ています。まったく同じインテリアが手に入らなくても、自分が映画から感じる雰囲気からインテリアをチョイスしましょう。

例えば赤りんごと青りんごよりも、赤りんごと赤いトマトを瞬間的に仲間と思うなど、人は“色が同じもの”を仲間として認識しがちです。なので、欲しいインテリアと形は多少異なっても、色が一緒のものを選んだ方が、全体としては真似したい空間に近くなります。

『ティファニーで朝食を』のホリーの部屋では、猫足のバスタブを半分に切断したソファが印象的ですが、これとまったく同じ品はなかったので、猫足のバスタブを購入して職人さんに切断してもらうか(笑)、色や形、雰囲気が近いものを選ぶか……。

まずは理想とする部屋を決めて、その空間をつくるのに重要なインテリアの要素は何かを考えると、よいと思います」(三宅さん)

「映画&ドラマ部屋」づくりに学ぶ、インテリアのコツ

エアコンや配線の生活感を払拭する

レンガと本棚の壁紙
レンガの壁紙をDIY
テレビ配線を隠すDIY

レンガ風の壁紙が目を引く「ダンの部屋」は、一部本棚柄の壁紙を切り取って絵の様に張り、空間に表情をつけている。レンガ風の壁紙は、収納を隠して生活感を払拭するのにも使用されている。

また、露出して生活感を出すTV配線は、ダンボール製の筒で隠して、上からヴィンテージ風に着彩。

エアコンをヴィンテージにDIY
エアコンをかわいくDIY

どうしても生活感が出るエアコンは、養生テープを全面に貼ってその上から着色し、デコレーション。これなら、賃貸でもDIYが可能だ。ブレアの部屋のエアコンは、額縁の様なデコレーションが、ダンの部屋のエアコンはヴィンテージ風の着彩が施してある。

狭い部屋を広く感じさせる壁紙テクニック

狭い部屋を広く感じさせるかべがみテクニック
全身鏡で部屋を広く見せる
ロココ調なベッドサイドテーブル

6畳程度と小さな「ブレアの部屋」は、あえて壁に凹凸をつくり、また壁紙も2種類使うことで、奥行きを感じさせる。そして、アンティークな雰囲気の全身鏡を部屋の端に置くことで、部屋を広く見せている。

また、部屋が狭いからといって小さな家具ばかり揃えると貧相な印象になってしまうため、少し大きめのベッドサイドテーブルで高級感をプラスした。

カーテンは窓サイズに合わせず、あえて引きずる長さに

カーテンは窓サイズに合わせず、あえて引きずる長さに

腰高の窓は、床を引きずる長さのカーテンを掛けることで、ドレープが印象的で広がりがある空間になる。

楽天インテリアでは、壁紙やフロアタイルを注文しDIYすることももちろん可能だし、リフォームや、商品+施工の定額パックまである。家をガラリと変えたい新生活の季節、理想の部屋をイメージするところから始めて、インテリアを探してもいいかも。

楽天でつくれる憧れの映画&ドラマ部屋
場所:東京都千代田区東神田3-3-2 プロヴァンスA・K・B
日時:3/17(金)、18(土)12:00〜16:30
入場無料・予約不要


楽天でつくれる憧れの映画&ドラマ部屋[楽天]

提供:楽天 一部撮影:ROOMIE編集部

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense