野菜をもっと摂りたい人に。野菜だけなのに、しっかりとおかずになる「野菜のオイル煮」をご紹介。

たっぷりのオリーブオイルでじっくり加熱して、素材のうまみと甘みを引き出し、味付けはシンプルに塩とブラックペッパーのみだが、コクのある味に仕上がる。野菜は冷蔵庫の残り物でも構わないが、ポイントは良質のオリーブオイルを使うこと。

ご紹介するレシピの具材以外にも、れんこん、かぼちゃ、ブロッコリーなどもおすすめだ。

『野菜がたっぷり摂れる、野菜のオイル煮』

材料

・なす(2本)
・ズッキーニ(1/2本)
・パプリカ(1/2個)
・ミニトマト(12個)
・たまねぎ(1個)
・セロリ(1/2本)
・オリーブオイル(1/2カップ90g)
・にんにく(1かけ)
・ローリエ(1枚)
・塩(少々)
・ブラックペッパー(少々)

作り方

下ごしらえ

・にんにくを包丁の腹でつぶすか、大きめにスライスする。

STEP1

野菜を切る。火が通りにくいものは小さく切ろう。

STEP2





厚手の鍋に、火が通りにくい野菜から、たまねぎ、セロリ、なす、ズッキーニ、パプリカ、ミニトマトの順に入れ、にんにく、ローリエ、塩、ブラックペッパーをふり、オリーブオイルを回しかける。

STEP3

鍋に蓋をして、弱火で柔らかくなるまで煮る。

STEP4

途中、上下を混ぜながら煮て、塩で調味したら完成。

常備菜として多めに作り、ストックしておくと便利。密閉容器に入れ、冷蔵庫で3~5日保存可能だ。

味を変えたいときは、唐辛子を加えて加熱しアヒージョにしてもいいし、トマト缶を加えて煮詰めてトマトソースにするのもおいしい。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense