SHARE

見た目はフラットな荷台のように見えるが……。

こちらは「AIR OPUS」という、90秒で自動に住居へ変身する進化系キャンピングカー

最初に屋根部分を広げ、サッとセットアップするだけ。後は自動で空気が入り膨らむので、それを見ているだけだ。

テントキャンプの場合、テントやギアを持って行き自分で張ったり、片付けに手間がかかる。そこが「キャンプの醍醐味だ!」と思う人もいと思うが、慣れていないと「面倒だな~」と考える人は多い。

対して、牽引するキャンピングカーはその重さを運べるパワーの車が必要。キャンピングカー自体が重く、移動時にガソリン代がかかるのだ。さらに、高さがあるため運転中前後左右が見えにくく、駐車も難しい。

90秒で住居へ変身するキャンピングカー「AIR OPUS」の紹介
自分でポールを組み立てずとも空気で自動にテントが張れる

このポップアップ式のキャンピングカーは、テントキャンプとキャンピングカーの中間のようなもの。もともとこのスタイルのキャンピングカーはあったが、テントポールに「エアーポールテクノロジー」導入し、自分でポールを組み立てずとも空気で自動にテントが張れるのは画期的だ。

また、移動中は高さがないので運転しやすく、屋根の部分が頑丈なアルミニウムのため、カヤックや自転車を載せて持ち運べる点はうれしい。

2つのダブルベット、2口バーナー付キッチン、ソファー、テーブル、キャビネットまで完備
オプションでポータブルトイレやシャワー、映画好きならシネマシステムも設備可能と、自分好みにカスタマイズできる

2つのダブルベット、2口バーナー付キッチン、ソファー、テーブル、キャビネットまで完備されており、室内も広々している。

トイレやシャワーがないのが少し残念だが、オプションでポータブルトイレやシャワー、映画好きならシネマシステムも設備可能と、自分好みにカスタマイズできる

「AIR OPUS」は、運びやすく設置も簡単

狭い道が多い日本。キャンピングカーは運転が大変で駐車する場所が限られている。その点この「AIR OPUS」は、運びやすく設置も簡単だ。

2017年、4月発売開始予定。テントキャンプからひとつ上のランクを目指したいキャンパー! 今年の夏はこれで出かけてみるのはどうだろうか。

AIR OPUS

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense