SHARE

学生の醍醐味と言えば、そう「早弁」。数多の友人が早弁を試みるも、教師の前に撃沈してきた。そんな悲劇を目の当たりにしてきた人も多いだろう。

しかし、今回そんな「早弁」の強い見方を発見した。

これならもうバレることも(たぶん)ない、本型の弁当箱「Book Lunch Box」だ。

本型の弁当箱「Book Lunch Box」
近くでみると完全にプラスチック素材

その名の通り、本型の弁当箱。遠くからみたら大きめの本にしか見えない。が、近くでみると完全にプラスチック素材で、もはや弁当箱でしかない。

中は仕切りで2つに分かれているのでごはんとおかずをきっちり区別できる。バレたくないからといって写真のように縦に置くことなかれ、ごはんとおかずが混ざり、弁当汁が漏れ出すであろう。

色は青、黄緑、赤の3種類
色は青、黄緑、赤の3種類
色は青、黄緑、赤の3種類

色は青、黄緑、赤の3種類。価格はそれぞれ£14.95だ。海外での発売ということは、「早弁」は世界共通なのだろう。

ここまでして、なぜバレずに早弁したいのか私には理解できないが、勇気のある方はぜひ購入して早弁にチャレンジしてみてはいかがだろうか。

海外サイトでのオーダーは「知っておくと便利! 海外ECサイトで買い物する方法」をご参考にどうぞ。
Book Lunch Box [The Literary Gift Company]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense