SHARE

春の兆しを感じるこの頃。もうこのまま暖かくなっていくのだろうか。いやいや、油断した頃合いに、もうひと寒さ来たりするのが例年。

雪国で暮らす人にもっと早く教えたかった器具を、このタイミングで発見してしまった。


雪かきは重くて重労働。そんな過酷な環境でサバイブできる器具なんてなかなかない、と思っていたら、あった。それが「Alpha Shovel」だ。

このシャベル、とにかくスペックがすごい。幅63センチ、奥行30センチ、重さ2キロ。なんとアメイジングなアメリカンサイズなのだろう。


非常に頑丈なアルミでできており、木材や氷の塊を叩っ切ることもできる、なんともワイルドな「Alpha Shovel」。車で轢いても壊れない耐久性を誇るらしい。

柄が伸縮可能な上、ストラップベルトも付いているので、使い終わったらコンパクトに畳んで収納したり、リュックのように背負って雪山を歩くこともできる。まさにワイルドな山男の最終兵器と言える。

男は黙って「Alpha Shovel」。踏み固められた雪をかくのは大変だが、ギザギザの歯がついているこのシャベルなら問題なし。固い雪道を豪快に切り開いていく勇姿に、彼女や奥様も惚れ直してしまうかもしれない。

我れこそは、という方はIndiegogoのキャンペーンをチェック。意外に、目標達成率1183%と爆売れしている。

Alpha Shovel [Indiegogo]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense