「旅行したい街」No.1によく選ばれる、パリ。訪れるからにはホテルを含め、全てを特別な思い出にしたい。そんな人にぴったりのかわいらしいホテルを発見した。

Joke Hotel」は、ポップでどこか懐かしさを感じる内装が印象的だ。

それは“子どもの頃の記憶”を内装としてデザインしているからである。

子どもの頃の記憶を内装としてデザインした「Joke Hotel」

Joke Hotelはノスタルジックな雰囲気を持ちながら、幸せで明るい気持ちになれるように設計された。

共有スペースはカラフルな色使いで、風船型ランプにキャンディーまで置かれている。

そしてなんと電動の小型ビートルまで! 実際に子どもが乗って遊べるのはうれしいところだ。

テーブルの椅子はヨーロッパで人気のある「ピックアップスティックス」というゲームがモチーフ

ホテル内にあるテーブルは、ダーツの的をイメージして作られているというこだわりっぷり。ちなみにテーブルの椅子はヨーロッパで人気のある「ピックアップスティックス」というゲームがモチーフに。

朝食のビュッフェなどは、この共有スペースで取ることになる。

ダーツをモチーフにしたダブルルーム

気になる部屋も、さまざまな種類がある。

例えば上の写真はダーツをモチーフにしたダブルルーム。

赤の車や風船をモチーフにしたクッションがかわいらしいツインルーム

こちらの部屋はシンプルながらも、赤の車や風船をモチーフにしたクッションがかわいらしいツインルーム。

どの部屋も、床が違ったパターンのデザインとなっているので、見ているだけで楽しめる。

どの部屋にもちょっとした遊び心があり、宿泊する人をワクワクさせる

モノトーンを基調とした落ち着いた雰囲気のシングルルームは、電話とフクロウのクッションがいいアクセントとなって、子どもの頃の懐かしさを感じさせる。

どの部屋にもちょっとした遊び心があり、宿泊する人をワクワクさせるデザインだ。

シャワールームは清潔感を感じられ、床のユニークな模様が空間を少し華やかにする

シャワールームは清潔感を感じられ、床のユニークな模様が空間を少し華やかにする。

子どもの頃の思い出を思い起こす、ユニークで飽きがこないデザインのJoke Hotel

子どもの頃の思い出を思い起こすような、ユニークで飽きがこないデザインのJoke Hotel。非日常を体験できる旅行の際にぴったりの部屋には、いつか泊まってみたい。

パリへの旅行を考えている人に、ぜひチェックしてほしいホテルだ。

ASTOTEL Joke

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense