コーヒー愛好家の間で密かに人気を集めているドリッパースタンド。通常は店舗で利用されることが多いが、近年のブームにより、家庭でも利用したいと考える人が増えている。

そんなコーヒーラバーたちにおすすめしたい商品が、日田杉のドリッパースタンドだ。

日田杉のドリッパースタンド

この商品がすごいのは、折り畳みというところ。しかも、木材を利用しているのでとても軽い。木は「水に弱いのでは?」と思っている人も多いが、防水加工済みだ。

機能もかなり優れもの。スタンド開口が紐で調節でき、大きめのマグカップにも対応している。

のぞき窓の丸いパーツはコースターに早変わり

また、のぞき窓の丸いパーツはコースターに早変わり。

小さなマグカップの場合は、このコースターをカップの下に敷いて高さを調節できる。

狭いキッチンでも収納に困らない

使わないときは1枚の板のように畳めて、狭いキッチンでも収納に困らない。また、1枚の板から作られており、ひとつとして同じ木目がないオンリーワン商品。しかも、日田杉の木目が細かく美しい。

コーヒーはもちろん味が大切だが、作るまでのドリップ工程を目で楽しむことも重要なファクト。これひとつあれば、家でもアウトドアでもそれが可能になる。

このスタンドを開発した「日田杉プロジェクト」のコンセプトは「森を育て自然循環バランスを守り、それを伝えていくこと」。ここでは、日田杉を活用したウッドトレイやブックカバー、はたまた木でできた祝儀袋まで開発している。

日田の豆田町にあるショップ「Areas(エリアス)」
日田の豆田町にあるショップ「Areas(エリアス)」

この商品はネットで購入可能だが、大分県日田市豆田町にあるショップ「Areas(エリアス)」でも購入できるので、ぜひ一度行ってみてほしい。軒先の緑の犬が目印。一歩中に入ると木の爽やかな香りがほのかに漂う。

店内には日田で作られた職人の技が光る商品が所狭しと並べられている。ここでは、テーブルなどの大型家具から、小鹿田焼の食器などさまざまなものを展開。全国的にも珍しい生活をトータルに提案できる町「日田のものづくり」を紹介しているのだ。

お店でもオンラインストアからでも、部屋にひとつ、購入してみてはどうだろうか。

ドリッパースタンド[HITASUGI PROJECT]、[Life design shop Areas

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense