普段気にしていない光景も、見方が変わると、その動き自体に「美しさ」を発見できるのではないだろうか。

2016年に2ヶ月間日本に滞在したというイギリスの家具デザイナーHugh Millerさんは、日本の伝統工芸やコーヒー文化に魅せられて、家具コレクション「The Coffee Ceremony」を制作した。

イギリスの家具デザイナーHugh Millerさんが作成したThe Coffee Ceremony

コーヒーを作るための一連の流れが、この家具コレクションに詰め込まれている。

イギリスの家具デザイナーHugh Millerさんが作成したThe Coffee Ceremony
イギリスの家具デザイナーHugh Millerさんが作成したThe Coffee Ceremony

こちらは「Coffee Table no.2」。

ポットを置く所は金属の棒が突き出ていて、カップや粉を収納できる引き出し式のトレイが付いている。

日本の木工技術や竹細工が使われている部分もある
日本の木工技術や竹細工が使われている部分もある
日本の木工技術や竹細工が使われている部分もある

この家具を使用すれば、実に贅沢な「コーヒーの時間」を楽しむことができるだろう。

日本の木工技術や竹細工が使われている部分もある
日本の木工技術や竹細工が使われている部分もある

日本らしさと西洋らしさを掛け合わせたようなデザインの「Coffee Cart no.1.」。

脚の部分には日本の木工技術が使われていたり、写真の中で使用されているカップは日本の陶芸家・福岡彩子さんのものだ。

カップを受けるネットとして使われている竹細工は、竹工芸家・佐川岳彦さんの作。

小物も一連の作品
小物も一連の作品

小物も一連の作品だ。

コーヒーを淹れる作業というものは、無駄がなく、一連の動きが確かに美しいのかもしれない。

あたりまえのように見ている光景も、家具デザイナーでもあり、職人でもあるHugeさんの感性を通ると、こんな形になるのだなぁ。帰国後すぐに制作し完成させた彼の情熱を感じながら、この家具たちを使ってみたい。

The Coffee Ceremony [Hugh Miller

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense