SHARE

そろそろ春の兆しが見えてきたけれど、まだ少し肌寒い。

今回は、冬が旬のブリを使って、グツグツ煮ても煮崩れない、ブリ鍋をご紹介。ポイントは“煮る前に焼く”こと。ごま油で香ばしく焼けば、淡白になりがちな魚の鍋も満足度がアップする!

『〆までおいしい、こんがり焼いて煮崩れないブリ鍋』

おいしい旬のブリ鍋のレシピ

材料(2人分)

・ブリ(3切れ)
・大根(5~6センチ)
・長ねぎ(1本)
・春菊(1/2束)
・豆腐(1丁)
・塩(少々)
・ブラックペッパー(少々)
・米粉(適宜)
・ごま油(大さじ1)

A
・昆布だし(3カップ)
・酒(1/4カップ)
・しょうゆ(大さじ2)
・みりん(大さじ1)

作り方

STEP1

ブリ鍋の作り方の手順

ブリに塩をふって10分程置き、キッチンペーパーで水分をふき取り、一口大に切る。

STEP2

長ねぎは斜め2センチ厚、大根は5ミリ厚のいちょう切り、春菊は3等分の長さ、豆腐は一口大に切る。

STEP3

長ネギをこんがり焼く

フライパンにごま油とねぎを入れ、2をこんがり焼く。

STEP4

ブリにブラックペッパーをふる

ブリに再びを塩を振り、ブラックペッパーを軽くふり、米粉をまぶす。

STE5P

おいしくて見栄えがいいブリ鍋を作るコツ
旬のブリを使ったレシピ

フライパンのねぎを端に寄せ、ごま油が足りなければ少し足し、ブリの両面を焼く。焼き色が付いたらバットなどに取り出す。

STEP6

鍋にAの材料を合わせ、一度沸かして煮汁を作り、土鍋などに煮汁を八分目まで注ぐ。煮汁が沸いた鍋の中に具を入れ、火を通す。

〆は、残っただしをごはんにかけて、お茶漬け風にしてもおいしい。ねぎなどの薬味をのせ、すだちをしぼるのもオススメだ。

寒い日は「ブリ鍋」で温まろう。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense