車の排気ガスをフィルターし、浄化する際に採れる炭素からつくられたペン「AIR-INK」の紹介。制作背景、色味や書き心地を多くのアーティストから評価されている、話題沸騰中の画材だ。top

SHARE

環境の汚染と、それに伴う地球温暖化が叫ばれる昨今、環境を意識することは、大きな企業や国ではなく、僕たち一般人にも求められている。とはいえ専門的な知識や技術のない僕たちは、果たして自分が何をすればいいのか、いまいち理解仕切れていない部分もある。

「だったら、このペンで絵を描いてよ!」と呼びかけるのは、クラウドファンディング・Kickstarterで話題になっている「AIR-INK」の開発チーム。

「AIR-INK」の最大の特徴は、その中身にある。車の排気ガスをフィルターし、浄化する際に採れる炭素を精製してつくられているのだ。

シンガポールを拠点に活動する、マサチューセッツ工科大学のメディアラボから独立した研究チーム・Graviky Labsと、トラのロゴで有名なTiger Beerのコラボレーションで開発された。

車の排気ガスをフィルターし、浄化する際に採れる炭素からつくられたペン「AIR-INK」の紹介。制作背景、色味や書き心地を多くのアーティストから評価されている、話題沸騰中の画材だ。1

ペン1本あたり、ディーゼルエンジン車が40~50分走行して出る量の排気ガスが使われており、ペン先のタイプは太いもの、細いもの、丸いもの、四角いものとさまざまだ。

車の排気ガスをフィルターし、浄化する際に採れる炭素からつくられたペン「AIR-INK」の紹介。制作背景、色味や書き心地を多くのアーティストから評価されている、話題沸騰中の画材だ。2
車の排気ガスをフィルターし、浄化する際に採れる炭素からつくられたペン「AIR-INK」の紹介。制作背景、色味や書き心地を多くのアーティストから評価されている、話題沸騰中の画材だ。3

また、「AIR-INK」には多くのアーティストが賛同の意を示してる。排気ガスを綺麗にすることでつくられる、という背景だけでなく、色味や書き心地も評価されていることから、画材としても優秀なことが分かる。

クラウドファンディングで目標金額を達成、製品化が決まっており、ペン1本で35USドル、複数タイプのセットは70USドルから入手可能だ。

環境問題にテクノロジーで立ち向かい、アーティストがそれを世界中に広める。「AIR-INK」がロールモデルとなり、今後もっと活発なムーブメントが起きることに期待したい。

AIR-INK[Kickstarter]

車の排気ガスをフィルターし、浄化する際に採れる炭素からつくられたペン「AIR-INK」の紹介。制作背景、色味や書き心地を多くのアーティストから評価されている、話題沸騰中の画材だ。top

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense