近年、気軽にキャンプ気分が楽しめるグランピング施設が流行している。しかし結局その施設が行きづらい場所に位置していたり、はたまたさらに一歩踏み込んで楽しみたい思いがあったり……ニーズにピッタリとハマっていないこともあるかもしれない。

「都会で簡単にキャンプ気分を楽しむ」。そんなコンセプトを元に誕生した「Hotel Unwined(ホテルアンワインド)」は、ロッジの世界観を都会で簡単に楽しめる札幌市内のホテル。札幌駅からほど近い最寄駅から、徒歩4分の好立地にある。

Hotel Unwinedの室内ロビーはロッジのよう
北海道のHotel Unwinedのエントランス

ホテル内には、暖炉や薪ストーブが設置され、フロントは薪が敷き詰められたユニークなデザイン。様々な”火”を演出したインテリアデザインが非日常的なあたたかさを演出し、アンティーク家具も相まって居心地のいい空間となっている。

Hotel Unwinedのファミリースイート
Hotel Unwinedのツインルーム
Hotel Unwinedのダブルルーム
Hotel Unwinedの室内設備にはバルミューダのトースターがある

客室はファミリースイート、ツインルーム、ダブルルームの3タイプ。どの部屋もゆったりとくつろげる広さで、ホテルには珍しいバス・トイレ別室仕様なのも特徴だ。ファミリースイートは家族や友人たちと楽しみ、ツインルームは親しい友達とゆったりと、ダブルルームはカップルにピッタリの部屋。

部屋のミニバーには、バルミューダの家電が備えられているのもスゴイ。部屋で気軽に、こだわりの家電でコーヒーやトーストを楽しむことができる。

北海道のHotel Unwinedのバー

食の宝庫である札幌の美食を存分に楽しんでほしいという思いから、「Hotel Unwined」では夕食の提供は行っていない。ホテルスタッフがディナー選びの手伝いをしてくれるので、初めての観光でも安心して外食できる。

そのぶんホテル内のバーでは、なんと宿泊ゲストには夕刻17〜19時に無料のワインサービスが提供される。夕食後に夜のバータイムを楽しむのもいいだろう。

Hotel Unwinedの素敵なロッジ風の朝ごはん
Hotel Unwinedの北海道の朝ごはん

そして嬉しいのが、宿泊ゲストへの無料のインルーム朝食サービス。北海道の地産地消スープをメインに据えた、ロッジらしい朝食を部屋で堪能できる。

Hotel Unwinedのルーフトップテラスで焚き火を楽しむ
Hotel Unwinedの外観

また、札幌では希少なルーフトップテラスも備えられている。夏はもちろん、寒空のなか焚き火であたたまりながら、外の空気や星空を楽しめる。ちなみに2、3月は積雪のため、テラスは5月以降に解放される予定だ。

宿泊料金は1泊12,000円〜で、時期によって変動するので公式Webサイトで要チェック。

キャンプ気分と都会の街を同時に楽しめるユニークなホテルは、アウトドアもインドアも充実させたい人にオススメだ。

HOTEL UNWINED(ホテルアンワインド)

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense