SHARE

無印良品の「豆から挽けるコーヒーメーカー」で、朝をもっと楽しもう

170208_hit-4

無印良品の新製品「豆から挽けるコーヒーメーカー」の紹介。タイマー設定で起床時間にあわせてコーヒーを淹れられる便利さ、斜めシャワー方式で再現するプロのハンドドリップの味……。これがあれば、上質な朝が手に入りそうだ。

記事はこちら:無印良品の「豆から挽けるコーヒーメーカー」で、朝をもっと楽しもう

独り身の三十代男性とは、寒ブリである|同棲ソー・ヤング

170208_hit-5

同棲。 それは、荒涼な砂漠の先に揺らぐ蜃気楼のような、打ち上がっては消えてゆく花火のような、熱にほだされて見る白昼夢のような、日常の先にじんわりと浮かぶ儚い幻だ。独り身の三十代男性が送る、痛快で愉快な連載第一弾。

記事はこちら:独り身の三十代男性とは、寒ブリである|同棲ソー・ヤング

料理男子が追い求める、究極の快適キッチン(三鷹)|みんなの部屋

170208_hit-7

人気連載「みんなの部屋」では、料理が趣味の金沢さん宅にお邪魔した。選び抜いたキッチンアイテムや、快適に料理をするための工夫が満載だ。料理を通して四季や自然を楽しむ暮らし、なんとも羨ましい。

記事はこちら:料理男子が追い求める、究極の快適キッチン(三鷹)|みんなの部屋

3COINSのピンチハンガーで「行けたら行きます」を可視化|マイ定番スタイル

170208_hit-1

連載「マイ定番スタイル」では、3COINSのピンチハンガーを紹介した。「行けたら行きます」と思ってキープしている、ちょっと先までやっている展覧会の招待チケットを吊るしておく。ふとした拍子に目に入るので、ほどよい頻度でリマインドしてくれるのだ。

記事はこちら:3COINSのピンチハンガーで「行けたら行きます」を可視化|マイ定番スタイル

京都で進化を続ける、明治創業の老舗かばん屋「一澤信三郎帆布」

170208_hit-2

「道具入れ」を作ったことに始まり、100年以上経ったいまなお続く、京都の老舗かばん屋さん「一澤信三郎帆布」。昔のままを残しつつも進化していくブランドは、今後も注目だ。

記事はこちら:京都で進化を続ける、明治創業の老舗かばん屋「一澤信三郎帆布」

コーヒーに魅せられた50代男性の「自宅兼カフェ」(経堂)|リノベストーリー

170208_hit-6

人気連載「リノベストーリー」では、自分と同じだけ年を重ねた築52年の中古物件をリノベーションし、自家焙煎のコーヒー屋「FINETIME COFFEE ROASTERS」をオープンさせた近藤さんにお話をうかがった。外資系のビジネスマンからコーヒー屋のオーナーになった近藤さんの、運命的なリノベストーリーとは。

記事はこちら:コーヒーに魅せられた50代男性の「自宅兼カフェ」(経堂)|リノベストーリー

地面のゴツゴツから解放。「車外泊テント」で、ひと味ちがうキャンプ体験を

170208_hit-3

アメリカのアウトドアブランド・TEPIU Tentsの「Baja Series」は、車の屋根に取り付けて、傘のように開いて使うタイプのテント。ゴツゴツとした地面の起伏から解放され、いつもよりも高い場所での爽快感が味わえる。

記事はこちら:地面のゴツゴツから解放。「車外泊テント」で、ひと味ちがうキャンプ体験を

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense