SHARE

米ポートランドの醸造所兼ビアバー「Stormbreaker Brewing」や、スウェーデン・マルメのコーヒーショップ「Solde Kaffeebar」のように、素敵な街には、人々の活気に溢れ、楽しく幸せな空気感に包まれる場所があるものだ。

福井県片町エリアにあるFlat Kitchen

福井の繁華街・片町エリアにある「Flat Kitchen(フラット・キッチン)」も、そんな場所のひとつ。2010年、理髪店だった場所をリノベーションして生まれたカフェバーだ。

地元の人や移住者、福井に在住する外国人など、世代も職業もバックグラウンドも様々な人が、おいしい食事とドリンクを楽しみながら“フラット”に語らい時を過ごす、居心地のよい空間になっている。

福井県のカフェFlat Kitchenの店主・藤原皓彦さん

店主の藤原皓彦さん

店主で料理人の藤原皓彦さんは、開店以来6年以上にわたり、この場所を切り盛りしてきた。

「この空間のグルーヴ感が、たまらない」と語る藤原さん。偶然居合わせたお客さん同士が楽しく盛り上がり、ポジティブなうねりが空間全体を絶え間なく包む瞬間こそ、「Flat Kitchen」の醍醐味だという。

もちろん、この“グルーヴ感”は、藤原さんが作った空間でこそのもの。店の随所に、藤原さんのさりげない心遣いとクリエイティブなセンスが感じられる“プチDIY”が施されている。今回は、DIY初心者も真似できそうなプチDIY術を紹介しよう。

『会議用テーブルを、夜カフェのローテーブルにDIY』

会議用テーブルを、夜カフェのローテーブルにDIY
ターナーミルクペイントのゴールデンレッドはオススメ

廃校からもらい受けた会議用ローテーブルを、客席のテーブルとしてリメイク。紙やすりと筆、ブラシを用意し、好みの色のペンキを調達することからスタートだ。

天板のペイントには、ターナー色彩の水性ペンキ「ターナーミルクペイント」のゴールデンレッドをチョイス。これまで「Flat Kitchen」のドアやカウンター、壁などをDIYでペイントしてきた藤原さんによると、「ターナーミルクペイント」が特にオススメだそう。色がやわらかく、初心者でも比較的扱いやすいという。

テーブルのDIY術、紙やすりをかける
紙やすりでテーブルの角を丸くするDIY

まず、粗い目の「耐水ペーパー(粒度100)」と細かい目の「紙ヤスリ(粒度240)」を使って、天板の表面を磨いていく。水平に速く磨くなら、紙やすりを端材やかまぼこ板に巻き付けるのがコツだ。

テーブルのコーナーにやすりをかけると丸く仕上がり、やわらかな印象に。紙やすりでテーブル全体を磨いたら、乾いた雑巾で表面を拭き、ゴミやホコリを取り除いておく。

170208flatkitchen_diy8

そして、いよいよペンキ塗り。あえてムラをアクセントにするのもDIYならではの味だ。藤原さんは、お客さんが着席したときのシチュエーションを想像し、木目に対して垂直にブラシ跡を入れていく。

テーブルの簡単DIY

テーブルの脚は、手元にあるペンキを使ってマットブラックに。天板、脚ともに一通り塗り終わったら、乾かして二度塗りする。2〜3時間程度で、ローテーブルのリメイクが完了だ。

170208flatkitchen_diy15

真っ赤に生まれ変わったローテーブルは、カフェスペースのソファーともベストマッチ。これから、ここを訪れるたくさんの人たちがこのテーブルを囲み、時を刻んでいくのだろう。

そのほか、こんなプチDIYも。

『カウンターであやしく光る試薬瓶』

試薬瓶を簡単DIY
瓶を照明にするDIY

季節の花がお客さんを迎えるカウンターで一輪挿しとして使っているのは、江戸時代創業の薬局から譲り受けた試薬瓶。瓶の下に小さな照明を置くことで、褐色のガラスに光が通り、艶っぽい表情をみせる。

『ちょうちんを墨筆で大胆アレンジ』

ちょうちんをアレンジするDIY
カフェをアートにするDIY

安価な紙ちょうちんを“キャンバス”に見立て、墨をつけた筆で自由に描けば、個性的なちょうちんに早変わり。ちょうちんに明かりを灯すと、墨の模様が際立ち、切り抜き模様のサクラの影がのれんに美しく映る。

身近なモノにひと手間加えることで新しいニュアンスを生み出すのが、藤原さん流の“DIY”。この発想やアプローチは、DIY以外でもぜひ真似してみたい。

Flat Kitchen

Photographed by Yukiko Matsuoka

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense