食卓にダース・ベイダー襲来!

食器は料理をおいしく見せ、食卓を彩る重要な役割を果たす。ただ、「醤油皿」という決まった用途は、どちらかというと脇役でシンプルなものが多かったかもしれない。

しかし、ファン心を燃えたぎらせる、こだわりの醤油皿が登場した。1977年に第1作品目が公開されてから40年にわたり、世界中のファンを魅了するSF映画『スター・ウォーズ』と有田焼がコラボレーションした醤油皿「STAR WARS™ SOY SAUCE DISH」だ。

ファンはうれしい醤油皿STAR WARS™ SOY SAUCE DISH
スターウォーズファンが喜ぶかわいい醤油皿

「STAR WARS™ SOY SAUCE DISH」は、伝統的工芸品が持つ「美・技・物語」の魅力を国内外に向けて発信するROWEN JAPANが発表した。醤油などの調味液を皿の溝部分に注ぐと、スター・ウォーズの「DARTH VADER™」「STORMTROOPER™」「C-3PO™」「R2-D2™」の4キャラクターが浮き出てくる。

400年以上にわたり、佐賀県有田町を中心に製造される「有田焼」。土づくり、成形、焼きにいたるまで「STAR WARS™ SOY SAUCE DISH」独特の形状を実現すべく、多くの職人たちが力を注いで完成した一品。

有田焼の職人
有田焼のこだわりと工芸

素材となる陶石には、国内の上質な天草陶石が使用されており、焼成は1,280度で18時間と長い時間をかけて焼き上げている。これによって、有田焼特有の強度と透明感が生まれるのだ。

STAR WARS™ SOY SAUCE DISH
プレゼントに最適な醤油皿

いい塩梅で醤油を注がないと、キャラクターたちの顔はうまく浮かび上がらない。だからこそ、姿が浮かび上がった時には喜びもひとしお……かも。

日本の匠の技が詰まった有田焼だからこそ、和の食卓に映える醤油皿だ。食洗機や電子レンジに対応しているのも嬉しい。

4皿セットで11,380円(税抜)となかなかの値段だが、料理はもちろん、醤油を注ぐ行為自体が楽しみになりそうだ。

STAR WARS™ SOY SAUCE DISH [ROWEN JAPAN]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense