冷凍庫から出したばかりの、カチコチのアイスクリーム。

今すぐに食べたいのになかなか削り出せず、苦労した経験はないだろうか? 外側ばかり先に溶けていくが、中は一向に柔らかくなる素振りを見せなかったり……。

そんなときに役立つのが、アイスを絶妙に溶かしながら削り出せる「ScoopTHAT!」だ。

アイスを絶妙に溶かしながら削り出せる「ScoopTHAT!」の紹介。手のひらからスクーパーの“ふち”まで温度を伝導することで、アイスを適度に溶かしながらすくいだせる仕組みだ。テフロン加工なので、くっつく心配もない。
アイスを絶妙に溶かしながら削り出せる「ScoopTHAT!」の紹介。手のひらからスクーパーの“ふち”まで温度を伝導することで、アイスを適度に溶かしながらすくいだせる仕組みだ。テフロン加工なので、くっつく心配もない。

熱源は、なんと手のひら。ハンドルの中に満たされた特殊な液体がその熱を効率よく伝導させ、スクーパーの“ふち”に伝えるのだ。

電気であたためるタイプのスクーパーよりもアイスに優しい温度のため、使用中にアイスがダラダラになってしまう心配もない。

アイスを絶妙に溶かしながら削り出せる「ScoopTHAT!」の紹介。手のひらからスクーパーの“ふち”まで温度を伝導することで、アイスを適度に溶かしながらすくいだせる仕組みだ。テフロン加工なので、くっつく心配もない。
アイスを絶妙に溶かしながら削り出せる「ScoopTHAT!」の紹介。手のひらからスクーパーの“ふち”まで温度を伝導することで、アイスを適度に溶かしながらすくいだせる仕組みだ。テフロン加工なので、くっつく心配もない。

さらにアイスと触れる部分にはテフロン加工が施されているので、すくったアイスがスクーパーから離れず、強く振って落下……という心配もない。

アイスを絶妙に溶かしながら削り出せる「ScoopTHAT!」の紹介。手のひらからスクーパーの“ふち”まで温度を伝導することで、アイスを適度に溶かしながらすくいだせる仕組みだ。テフロン加工なので、くっつく心配もない。-8

購入はオフィシャルサイト、もしくはAmazonからどうぞ。

「ScoopTHAT!」を開発したThat!Inventionsは、他にも凍った肉を溶かす時や、バターを塗る時に便利なアイテムを開発しているので、気になった方はそちらもあわせてチェックしてみてほしい。

ザット アイスクリームスクープ スクープ ザット ブラック SCO22B

ザット アイスクリームスクープ スクープ ザット ブラック SCO22B

¥2,700 詳細はこちら

ScoopTHAT![That!Inventions]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense