SHARE

Made in Japanのジンがあることはご存知だろうか? 「季の美-KI NO BI」という、京都蒸溜所で作られた日本初のクラフトジンだ。

ジンの本場・ロンドンの要素はもちろん、日本ならではの和のエッセンスも取り入れた、いわばジャパニーズスタイルのジンなのだ。

日本ならではの「和のエッセンス」

クラフトジンの本場・イギリスでも注目されている、京都蒸留所で作られたクラフトジン「季の美」の紹介。ボタニカル6種に代表される「日本ならではの和のエッセンス」を含み、イギリスの酒類専門誌「ザ・スピリッツ・ビジネス」で「2016年 最も革新的な商品において1位」に選ばれた。

ラベルのデザインは江戸時代から続く唐紙屋さんが監修しており、細やかなこだわりが感じられる。

では具体的に「日本ならではの和のエッセンス」とは、いったいどんなモノが含まれているのだろうか?

クラフトジンの本場・イギリスでも注目されている、京都蒸留所で作られたクラフトジン「季の美」の紹介。ボタニカル6種に代表される「日本ならではの和のエッセンス」を含み、イギリスの酒類専門誌「ザ・スピリッツ・ビジネス」で「2016年 最も革新的な商品において1位」に選ばれた。

米から作られるライススピリッツの他に、ボタニカルとして大きく6つのカテゴリーに分けられる。

  1. ベース「礎」
    ジンの主な香りと言われるジュニパーベリー、フローラルでアロマの香りが漂うオリス、そしてヒノキがベース。
  2. シトラス「柑」
    レモンはもちろん、日本特有の柚子が入り華やかな味わいに。
  3. ハーバル「凛」
    山椒と木の芽でオリエンタルな香味が味を引き締める。
  4. スパイス「辛」
    フレーバーを引き締める生姜がピリッと効いていいアクセントに。
  5. フルーティ&フローラル「芳」
    笹と赤紫蘇が名脇役ながら、フローラルなエッセンスを加える。
  6. ティー「茶」
    京都らしく上品に引き締める玉露を使用。

ジンとは思えない、日本特有の中味の数々。ぜひ、試してみたいものだ。

ジンで表現するのに適した場所

クラフトジンの本場・イギリスでも注目されている、京都蒸留所で作られたクラフトジン「季の美」の紹介。ボタニカル6種に代表される「日本ならではの和のエッセンス」を含み、イギリスの酒類専門誌「ザ・スピリッツ・ビジネス」で「2016年 最も革新的な商品において1位」に選ばれた。

そもそもなぜ、京都でジンを作ろうと思ったのだろうか。

製造者が言うには、芸術や伝統工芸など歴史を感じさせ、そういった潜在的な感覚を「ジンで表現するのに適した場所こそが京都」なんだとか。大手飲料メーカーや酒蔵があることでもわかるように、水にも恵まれており、そうしたところがマッチしたのだろう。

クラフトジンの本場・イギリスでも注目されている、京都蒸留所で作られたクラフトジン「季の美」の紹介。ボタニカル6種に代表される「日本ならではの和のエッセンス」を含み、イギリスの酒類専門誌「ザ・スピリッツ・ビジネス」で「2016年 最も革新的な商品において1位」に選ばれた。

まだ発売されて間もないが、常に新しいモノを取り入れるようなバーなどでは、よく見かけるようになった。柑橘系の香りとともに、ほのかな懐かしさとオリエンタルな優雅さが漂う。そして最後にはしっかりとジンを飲んだ余韻が残る……。これが筆者の感想だ。

一般的にはキュッと飲むのがジンだが、この「季の美」は、ゆっくり味わって飲むのがオススメ。

今回の記事掲載にあたり、お話しを伺ったウイスク・イーからグッドタイミングでビッグニュースが。なんとイギリスの酒類専門誌「ザ・スピリッツ・ビジネス」で「2016年 最も革新的な商品において1位に選ばれた」のだそう。

本場のイギリスで日本のジンが1位に選ばれるとは、今後ますます人気が高まりそうだ。

クラフトジンの本場・イギリスでも注目されている、京都蒸留所で作られたクラフトジン「季の美」の紹介。ボタニカル6種に代表される「日本ならではの和のエッセンス」を含み、イギリスの酒類専門誌「ザ・スピリッツ・ビジネス」で「2016年 最も革新的な商品において1位」に選ばれた。

巷ではクラフトビール人気の昨今だが、もはや“クラフトジンブーム”も、じわじわ来そうな勢いだ。

「季の美 京都ドライジン」
アルコール度数45度
700ml / 5,000円(税抜)
季の美 京都ドライジン京都蒸溜所]、[ウイスク・イー

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense