SHARE

兄弟メディアのギズモード・ジャパンより転載:

インスタで巡る全米アートの旅。

現代美術館やギャラリーなどアート施設のすごさを計るには、入場者数や収益、所蔵作品のアーティスト名などさまざまな基準がありますが、今後はInstagramでの人気度も大事な指標となりそうです。

この度The Creators ProjectよりInstagramの投稿の位置情報を基にした、2016年の米国内の現代美術館やギャラリーのトップ25が発表されました。

同ランキングでは、ニューヨークやロサンゼルスといった都市以外にも、ニュージャージーやフロリダ、ピッツバーグ、テキサスにアリゾナと全米各地のアート施設がランクインしています。

そんななかで栄えある1位に輝いたのは、やはりというべきか、さすがというべきか、MoMAニューヨーク近代美術館)でした。それではトップ25の中から、トップ5+αをどうぞ。

トップ5

5. The Whitney Museum of American Art

@lauriejarzemskyが投稿した写真

4. Wynwood Walls / Wynwood Art District, Miami

3. The Broad

2. The Los Angeles County Museum of Art

1. The Museum of Modern Art, New York City

13. The New Museum, New York City

16. The Andy Warhol Museum, Pittsburgh, PA

17. The Modern Art Museum of Fort Worth, TX

Sinhさん(@productofsinner)が投稿した写真

19. Pioneer Works, Red Hook, NY

Chetさん(@back_dat_thang_up)が投稿した写真

ランキングの全順位はThe Creators Projectのサイトでチェックできます。定番の美術館と新しいアート施設が入り乱れるトップ25を基にアートギャラリー巡りの旅に出たくなりますよね。何かとインスタ映えすることが求められる今の時代、2017年はどんなアート施設がInstagramで人気になるのでしょうか。

image: discoverla
参考: Instagram 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9
source: The Creators Project
text by たもり

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense