帰宅して、ミルクをたっぷりと入れたコーヒーを飲みながら音楽に浸る時間は、めまぐるしい一日に終わりを告げるくつろぎの時間。そんな時に、スマホのBluetoothをスピーカーにつないで流す音楽では味気ない。レコードに針を落とすところから始めてみてはどうだろうか。

一日の終わりに彩りを与えてくれるのが、sonyのステレオレコードプレーヤー「PS-HX500」だ。音質だけでなく、その研ぎすまされたデザインで僕たちの所有欲も満たしてくれる。

ソニーのアナログプレイヤーをご紹介。美しいハイレゾ音質はもちろんのこと、good design賞を受賞したそのデザインはインテリアとしても映えます。1

2016年のgood design賞を受賞した、マットブラックのミニマルなデザイン。どんな部屋でもなじむシンプルさで、インテリア映えすること間違いなしだ。レコード自体がもはやファッション性をおびたものだし、何より、いま「レコードで音楽を聴く」という行為がなんだかぐっとくる。

ソニーのアナログプレイヤーをご紹介。美しいハイレゾ音質はもちろんのこと、good design賞を受賞したそのデザインはインテリアとしても映えます。2

もちろん、音質は保証済み。新設計の再生技術を用いて、ハイレゾ音源で出力することができるので、美しい音質を気軽に持ち運びできる

アプリを使えば、気軽に音楽の録音・編集も可能。社会人からのDJデビューなんて、妄想もふくらみそうだ。家の中の時間を豊かなものにできれば、毎日の暮らしの充足感はさらに高まるはず。ご購入は以下からどうぞ。

ソニー SONY ステレオレコードプレーヤーPS-HX500 PS-HX500 C[Amazon]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense