170110_thinkinkpentop

SHARE

僕は手遊びが大好きだ。特に考え事をしているときなんかは、なんとなくソワソワして指が遊びだしてしまう。

小学生のころは毎日ペン回しの練習に励んだり、シャーペンやボールペンを一生懸命に分解しては中から出てくる細々したパーツとバネに心を踊らせたりしたものだ。

そんな僕も大人になり、さすがにペンを分解することはもうなくなったが、考え事をしている時に手指を遊ばせておく何かが欲しいなぁとは思っていた。

そんな時に見つけたのがこの「Think Ink Pens」というチタン鋼でできたおもちゃ……ではなくボールペンだ。

「Think Ink Pens」というチタン鋼でできたおもちゃ……ではなくボールペンの紹介。考え事をしている時の手指を遊ばせておく何かが欲しいと思っていた方にオススメの、無限に手遊びができるペンだ。1
「Think Ink Pens」というチタン鋼でできたおもちゃ……ではなくボールペンの紹介。考え事をしている時の手指を遊ばせておく何かが欲しいと思っていた方にオススメの、無限に手遊びができるペンだ。2
「Think Ink Pens」というチタン鋼でできたおもちゃ……ではなくボールペンの紹介。考え事をしている時の手指を遊ばせておく何かが欲しいと思っていた方にオススメの、無限に手遊びができるペンだ。3

うわー、もう欲しい。

くっついたり離れたりグルグルしている各パーツはマグネットでくっついているそうだ。その磁力はパーツによって異なるが、KickstarterのO&Aページでは、弱い部分で約740g強い部分で約1.6kgのものを持ち上げる力があると回答されている。

そこそこの磁力なので、よほど派手にぶん回さない限りは、どこかへ飛んでいってしまう心配もないだろう。手指のソワソワが強めな日でも、安心して使えるのでグッドだ。

「Think Ink Pens」というチタン鋼でできたおもちゃ……ではなくボールペンの紹介。考え事をしている時の手指を遊ばせておく何かが欲しいと思っていた方にオススメの、無限に手遊びができるペンだ。4
「Think Ink Pens」というチタン鋼でできたおもちゃ……ではなくボールペンの紹介。考え事をしている時の手指を遊ばせておく何かが欲しいと思っていた方にオススメの、無限に手遊びができるペンだ。5

そのおもちゃ的な特性もさることながら、実は文房具としても優秀だ。

このバーは完全に取り外し可能かつフレキシブルにカタチを変えるので、従来のペンよりも持ち運びがしやすい。極端な例えだが、キーチェーンにぶらさげることだってできる。それにメモ用のペンとして会議中に使っていても違和感がないというのは結構うれしい。

プロダクトページに特筆されていないので書き心地はおそらく普通のペンとあまり変わらないのだろうが、僕はそれで十分だと思う。

「Think Ink Pens」というチタン鋼でできたおもちゃ……ではなくボールペンの紹介。考え事をしている時の手指を遊ばせておく何かが欲しいと思っていた方にオススメの、無限に手遊びができるペンだ。6
「Think Ink Pens」というチタン鋼でできたおもちゃ……ではなくボールペンの紹介。考え事をしている時の手指を遊ばせておく何かが欲しいと思っていた方にオススメの、無限に手遊びができるペンだ。7

クラウドファンディングのKickstarterでもずいぶんと話題を呼んだようで、鉛筆に取り付けてつかうタイプのアイテムなんかも作られた。

これらのアイテムはINDIEGOGOにて購入可能だ。いちばん安いセットが22USドル(別途送料)となっている。

手指がなにかと落ち着かないみなさん、この機会に絶好の相棒を手に入れてみてはいかがだろうか。

海外サイトでのオーダーは「知っておくと便利! 海外ECサイトで買い物する方法」をご参考にどうぞ。
Think Ink Pens: Fidget for Focus[INDIEGOGO]

170110_thinkinkpentop

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense