161213_roomclip8

SHARE

部屋の写真を共有するソーシャルサービス「RoomClip」。読者からの投稿型で、いろいろな家づくりのアイディアが掲載されている。

今回は、RoomClipユーザーのShotaroさんによる、ヘリンボーンローテーブルを紹介。

体験できるDIYショップ「DIY FACTORY OSAKA」の店長を務めたご経験のあるShotaroさんによる、天板をヘリンボーン柄にする、プロならではの一工夫をご紹介。

『あこがれのヘリンボーンを取り入れたローテーブルをDIY』

用意するもの

ナラ集成材(テーブル構造部分に使用、180×300×20mmを3枚、600×300×20mmを1枚)
ウォルナット、ナラ、パインなど(ヘリンボーン部分、40×150×10mmを約60枚)
ベニヤ板( ヘリンボーン下地、600×300×5mmを1枚)

STEP1

一見難しいと思われがちな「ヘリンボーン柄」をあしらったローテーブルのDIYを紹介、やり方さえ知っていれば、他のDIYにも応用できるし、意外と簡単に作れるのでオススメだ。色味や幅は好みで変えられるのも嬉しい。1

ヘリンボーン柄にする木材を、好きな色に塗装してからカット。カット販売などのサービスを利用すると、材料が楽に揃う。

今回は40×10mmの長い材料を150mmにカットして使用したが、幅や長さは好みに合わせてok。

STEP2

一見難しいと思われがちな「ヘリンボーン柄」をあしらったローテーブルのDIYを紹介、やり方さえ知っていれば、他のDIYにも応用できるし、意外と簡単に作れるのでオススメだ。色味や幅は好みで変えられるのも嬉しい。2

ベニヤ板を天板のサイズに合わせてカットし、STEP1でカットした木材をヘリンボーン柄に並べて、ベニヤ板に貼り付けていく。

貼り付けたら、ベニヤ板からはみ出している部分をカット。このとき、ベニヤ板を上にして端に合わせてカットすると作業がしやすい。

STEP3

一見難しいと思われがちな「ヘリンボーン柄」をあしらったローテーブルのDIYを紹介、やり方さえ知っていれば、他のDIYにも応用できるし、意外と簡単に作れるのでオススメだ。色味や幅は好みで変えられるのも嬉しい。3

ナラ集成材を使って、天板を乗せる部分を作る。組み立てる前に好みで塗装しておこう。

4枚の板をダボ接ぎで接合するのだが、難しい場合はビス留めでも可能。 今回は、真ん中に仕切りを入れたボックス型にして、収納スペースも確保してみた。

STEP4

一見難しいと思われがちな「ヘリンボーン柄」をあしらったローテーブルのDIYを紹介、やり方さえ知っていれば、他のDIYにも応用できるし、意外と簡単に作れるのでオススメだ。色味や幅は好みで変えられるのも嬉しい。4

写真右側の木製の脚は仮のもの

STEP2で作った天板とSTEP3で作ったボックス部分を、同じくダボ接ぎで接合する。

今回は、脚部分に黒く塗装した鉄製キャスターを使用してみた。底面に「鬼目ナット」というものを埋め込んで、ボルトで固定している。

STEP5

一見難しいと思われがちな「ヘリンボーン柄」をあしらったローテーブルのDIYを紹介、やり方さえ知っていれば、他のDIYにも応用できるし、意外と簡単に作れるのでオススメだ。色味や幅は好みで変えられるのも嬉しい。5
一見難しいと思われがちな「ヘリンボーン柄」をあしらったローテーブルのDIYを紹介、やり方さえ知っていれば、他のDIYにも応用できるし、意外と簡単に作れるのでオススメだ。色味や幅は好みで変えられるのも嬉しい。6

天板部分に枠をつけると、カットした断面などの粗を隠せるので、完成度が上がる。枠はちょうどよい木材を買ってきて、クギで打ち付けた。

STEP6

一見難しいと思われがちな「ヘリンボーン柄」をあしらったローテーブルのDIYを紹介、やり方さえ知っていれば、他のDIYにも応用できるし、意外と簡単に作れるのでオススメだ。色味や幅は好みで変えられるのも嬉しい。7

取っ手と木製の脚をダボ接ぎで固定して完成。

ひと手間加えて、ハイレベルなDIYを楽しもう

一見難しいと思われがちな「ヘリンボーン柄」をあしらったローテーブルのDIYを紹介、やり方さえ知っていれば、他のDIYにも応用できるし、意外と簡単に作れるのでオススメだ。色味や幅は好みで変えられるのも嬉しい。8

天板をヘリンボーン柄にしたことで、シンプルなDIYローテーブルが一気に本格仕様に。意外と簡単に取り入れられるので、DIYビギナーの方にもトライしてみてほしい。ヘリンボーン柄のDIYをマスターすれば、他の家具や雑貨のDIYにも応用できるので便利だ。

チェックポイント

ダボ接ぎするときは、できるだけボール盤や穴開けガイドなどを使って真っ直ぐ穴を空けよう。

ヘリンボーン部分は色味や大きさでがらっと雰囲気が変わるので、いろいろ試してみるのがオススメ。

テーブルの脚は、市販のものを取り付けるだけでも十分。


Shotaroさんはご紹介した他にもRoomClipに素敵なインテリアを投稿しているので、要チェック!

Shotaroさんのインテリアを見てみる

DIYをプロ仕様に格上げ!Shotaroさん流、ヘリンボーンローテーブルの作り方RoomClip mag
Photographed by Shotaroさん

161213_roomclip8

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense