現在ハリウッドでトレンドとなっているカクテルが「クランベリー・マルガリータ」。クリスマスにふさわしいかわいらしい赤で、テキーラをベースに柑橘系のジュース(ライム・オレンジ)を混ぜたもの。さっぱりおいしくいただけ、おうちでも簡単に作ることができます。

「クランベリー・マルガリータ」レシピ

〈材料〉

・クランべリー・ジュース(無糖は酸味が強いのでジュースで可) カップ5杯

・ライムの搾り汁 カップ3杯

・テキーラ カップ3杯

・オレンジ・リカー(なければオレンジジュース) カップ2杯

〈作り方〉

全てミックスし、氷を入れて、よく冷やしていただく。最後にライムの輪切り一枚とシナモンスティック一本(お好みで)、あれば生のクランベリーをグラスに入れて飾る。

甘さが欲しいときにはアガベ―シロップやバニラ・シロップ大さじ3ほど加える。

Drizlyさん(@drizlyinc)が投稿した写真 – 2016 11月 15 1:55午後 PST

ライムの搾り汁をグラスのふちにつけ、塩をまぶせばもっと本格的になります。

酸っぱさも魅力クランベリーの力

健康に関するさまざまな情報や医学的リサーチを扱うサイト「WebMD」によると、クランベリーは「スーパーフード」の仲間に属するほど優れた健康効果をたくさん持つのだとか。とっても酸っぱく、苦みを持つことで知られるだけあって、ビタミンCが豊富。そしてカップ一杯にしてたったの45キロカロリーしかありません。ブルーベリーに次いで抗酸化物質(ポリフェノール)が多いこともわかっています。

免疫力アップや美肌効果が期待できるので、できるだけ積極的にとりたいもの。マフィンやグラノーラに乾燥クランベリーを混ぜて食べたり、スポーツ用にシリアルバーを自分で焼くのもいいですね。あるいはフローズンの物を使えばおいしいソースを作ることができるので、ヨーグルトにかけて食べたり、あるいはお肉料理に添えていただくと、甘酸っぱさが引き立ちお肉と相性ばっちりです。

クランベリーの持つキレイな赤で、ぜひテーブルを華やかに飾ってみてはいかがでしょうか。

WebMD

Ranking