イベントシーズンや記念日に食卓を華やかにしてくれるのはやっぱりケーキ。でも、クリームをきれいに塗ってデコレーションするのはなかなかむずかしい。そんなとき、簡単で見栄えがいいのが「スコップケーキ」。今回は、パーティーやおもてなしにピッタリ、アレンジ次第でいろいろなお料理に合うスコップケーキをご紹介します。

フルーツたっぷりで彩りゆたかに

machi?さん(@runrunpikko)がシェアした投稿 – 1月 14, 2018 at 5:28午後 PST

スポンジと生クリーム、フルーツさえあれば完成。スポンジも最近では購入できるので、急いでケーキをつくらなくてはいけないときにもオススメ。チキンやスープなど、クリスマスメニューとの相性も抜群

ほろ苦ティラミスケーキ

甘いものが苦手な人にもオススメなのが、ティラミスのスコップケーキ。マスカルポーネチーズの甘さはあるものの、上にかけるココア次第で一気に大人味に仕上げることができます。子どもが食べる分は、仕上げのときに別皿に分けてつくること。ワインやシャンパンとの相性も抜群なので、食後にゆっくりお酒と一緒に食べたい一品。

シフォンケーキの生地をスコップケーキに

カマコさん(@kamakoko)が投稿した写真 – 2016 11月 22 5:06午後 PST

スコップケーキにつかうスポンジ部分をシフォンケーキの生地に変えてみると、ふわふわ食感が味わえて軽めのデザートとしてとてもよろこばれます。こちらはモカシフォンなので甘さも控えめ。生クリームの量を調節すれば好みの甘さでいただくことができます。ごはんをたっぷり食べたあとのちょっとしたデザートにも。

立派な一品になるアップルクランブルケーキ

NATSUMIさん(@natsumi.w723)が投稿した写真 – 2016 11月 12 9:15午後 PST

イギリスの定番菓子であるアップルクランブルケーキ。スコップケーキにするとたくさんのリンゴを味わうことができ、ボリュームも満点。軽いデザートというよりは食事に組み込まれている一品と考えたほうがいいかも。メインメニューは炭水化物少なめにして、こちらを思い切り楽しみたい。

年末年始に持ち寄りたい抹茶のケーキ

抹茶味のケーキなら親族が集まる年末年始にもピッタリ。年配の方にもよろこばれるケーキ。スコップケーキなら自分の食べたい分だけ取り分けられるので、量が調節できます。お正月料理を食べたあとのデザートに合いそう。

材料を器に重ねて入れていくだけで完成できるスコップケーキ。見た目は華やかでおしゃれなのに簡単につくれるので、知っておくと便利なデザートメニューです。

Ranking