手持ち無沙汰だから、「とりあえず」携帯電話を見ていることはないだろうか。

携帯電話利用者の3人に2人は、携帯依存症の傾向があるという。

この記事を読んでいるスクリーンの前のあなたがまさにそうかもしれない。

いまオーストラリアの電車の中で記事を執筆しているのだが、国籍は関係なくほぼすべての人が携帯を見ている。

せめて休日くらいは携帯電話から離れたいもの。しかしいまの時代携帯なしではさすがに不便であるし、最低限連絡はとりたい。

そんな要望に答えてくれるのが、“電話”の通話機能だけを持ち出す「The Light Phone」だ。

最大の特徴がそのサイズ。

重さは40g以下、縦8cm、横5cm、薄さは4mmと、手のひらにおさまるカードサイズで、ポケットはもちろん財布にも収まるサイズとなっている。

kickstarterで公開されている「thelightphone」を紹介。重さは40g以下、縦8cm、横5cm、薄さは4mmと、手のひらにおさまるカードサイズで、日常使用している携帯電話にかかってきた電話もこのThe Light Phoneに転送される。
kickstarterで公開されている「thelightphone」を紹介。重さは40g以下、縦8cm、横5cm、薄さは4mmと、手のひらにおさまるカードサイズで、日常使用している携帯電話にかかってきた電話もこのThe Light Phoneに転送される。

パネルには時間と番号のみ表示されるようになっており、極限まで機能を削ぎ落としたシンプルなデザイン

日常使用している携帯電話にかかってきた電話もこのThe Light Phoneに転送されるから、わざわざ電話番号を登録しなおす必要もなし。

色はWhiteとNightの2色から選ぶことができる。

価格も$100、日本円で約1万2,000円を下回る程度で、お手頃だ。

たまには携帯電話の代わりにThe Light Phoneを持ち出して、ネットから解放された時間を楽しんでみよう。

本当の世界は携帯の中ではなく、いまあなたの目の前に広がっているのだから。

The Light Phone [kickstarter]

thelightphone1

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense