SHARE

和風、フレンチ、イタリアン、中華……料理もそうだが、サラダにかけるドレッシングは好みが分かれるところ。もう少しスパイシーな方がいい、酸っぱいのが好きなど、自分好みの市販品を見つけるのも難しい。それならば、自分で好みの味を作ってみたらどうだろう。

国内外120種類以上のスパイスやハーブ、塩などを取りそろえるスパイス専門店・レピスエピスの佐藤麦さんに教えていただいた「粉ドレ=粉ドレッシング」のレシピ3種類を、食のメディアFOODIEから紹介する。

「今回ご紹介する粉ドレは、塩をベースにスパイスを調合したシンプルな材料なので、サラダの素材そのものの味をグッと引き立たせてくれます」(佐藤さん)

『家庭で簡単に作れる、粉ドレのレシピ』

国内外120種類以上のスパイスやハーブ、塩を取りそろえるスパイス専門店・レピスエピスの佐藤麦さんに教えていただいた「粉ドレ=粉ドレッシング」のレシピ3種類を、食のメディアFOODIEから紹介。塩をベースにスパイスを調合したシンプルな材料で、サラダの素材そのものの味をグッと引き立たせてくれる。1

スーパーなどでも見かけることが多くなった、液体でなく粉状の「粉ドレ」。ハーブやスパイスを混ぜるだけなので家庭で簡単に作れ、少量でも保存用に大量にも作れる柔軟さが嬉しい。

マイルドなスパイシーさがクセになる、ごまが香るカレー味

国内外120種類以上のスパイスやハーブ、塩を取りそろえるスパイス専門店・レピスエピスの佐藤麦さんに教えていただいた「粉ドレ=粉ドレッシング」のレシピ3種類を、食のメディアFOODIEから紹介。塩をベースにスパイスを調合したシンプルな材料で、サラダの素材そのものの味をグッと引き立たせてくれる。3

「カレーの香りづけとして使われるガラムマサラに、きなことごまの香ばしさを同量でプラス。強い個性的なスパイスに、和風ならではのやさしい甘さと香りを合わせることで、マイルドなスパイシー味に仕上げました」(佐藤さん)

材料(作りやすい分量)

国内外120種類以上のスパイスやハーブ、塩を取りそろえるスパイス専門店・レピスエピスの佐藤麦さんに教えていただいた「粉ドレ=粉ドレッシング」のレシピ3種類を、食のメディアFOODIEから紹介。塩をベースにスパイスを調合したシンプルな材料で、サラダの素材そのものの味をグッと引き立たせてくれる。7

・ガラムマサラ(大さじ2、メーカーによって辛さが違うので加減が必要)
・すりごま(あれば粗めのもの、大さじ2)
・きなこ(大さじ2)
・塩(小さじ1)

おすすめの使い方

シーフードとトマトのサラダにかけるとグッド。きなことごまのコクで、シーフードとカッテージチーズがリッチな味わいになる。ガラムマサラは、甘酸っぱいトマトのアクセントに最適。豚肉、鶏肉、温かい根菜、肉の下味やごまだれに加えても良い。

甘い香りで異国にトリップ!「スパイシーモロッコ味」

国内外120種類以上のスパイスやハーブ、塩を取りそろえるスパイス専門店・レピスエピスの佐藤麦さんに教えていただいた「粉ドレ=粉ドレッシング」のレシピ3種類を、食のメディアFOODIEから紹介。塩をベースにスパイスを調合したシンプルな材料で、サラダの素材そのものの味をグッと引き立たせてくれる。4

「オールスパイスは、シナモン・クローブ・ナツメグをミックスしたような甘い香りを持つ果実です。ここに上品な甘い香りのカルダモン、シャープな甘い香りのクローブをかけ合わせることで、奥行きのあるエキゾチックな風味の粉ドレに仕上げました。合わせる食材も、甘みのある芋類や根菜がおすすめです」(佐藤さん)


・オールスパイス(パウダー、大さじ1)
・クローブ(パウダー、小さじ1)
・カルダモン(パウダー、小さじ1)
・塩(小さじ2)
・砂糖(小さじ2)

おすすめの使い方

かぼちゃと根菜のサラダにかけて。マッシュしたかぼちゃと、にんじん、れんこん、りんごの甘さが、粉ドレの複雑な甘い香りにぴったり。異国へトリップした気分になれる。じゃが芋、さつま芋など甘みのある芋類や根菜などの温野菜、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、アップルパイや焼きりんごに加えてもグッド。

甘酸っぱいハーブ塩「さわやかヨーロピアン味」

国内外120種類以上のスパイスやハーブ、塩を取りそろえるスパイス専門店・レピスエピスの佐藤麦さんに教えていただいた「粉ドレ=粉ドレッシング」のレシピ3種類を、食のメディアFOODIEから紹介。塩をベースにスパイスを調合したシンプルな材料で、サラダの素材そのものの味をグッと引き立たせてくれる。2

「最初にふわっと香るのは、ガーリックと清涼感のあるタイムですが、この粉ドレの主役は『飾り』と思われがちなピンクペッパー。粒を噛むと広がるベリーのような甘酸っぱさが、全体の味のアクセントになっています。色もきれいなのでサラダがパッと華やかに」(佐藤さん)

材料(作りやすい分量)

国内外120種類以上のスパイスやハーブ、塩を取りそろえるスパイス専門店・レピスエピスの佐藤麦さんに教えていただいた「粉ドレ=粉ドレッシング」のレシピ3種類を、食のメディアFOODIEから紹介。塩をベースにスパイスを調合したシンプルな材料で、サラダの素材そのものの味をグッと引き立たせてくれる。6

・ピンクペッパー(大さじ1と1/2、砕いてもOK)
・タイム(ドライ、大さじ1/4)
・ガーリックパウダー(小さじ1)
・塩(小さじ1/2)

おすすめの使い方

ローストビーフのサラダにかけて。クレソン、玉ねぎといった味の強い食材も、さわやかにまとまる。口の中でピンクペッパーの粒が砕けると、甘酸っぱい香りが広がる。

国内外120種類以上のスパイスやハーブ、塩を取りそろえるスパイス専門店・レピスエピスの佐藤麦さんに教えていただいた「粉ドレ=粉ドレッシング」のレシピ3種類を、食のメディアFOODIEから紹介。塩をベースにスパイスを調合したシンプルな材料で、サラダの素材そのものの味をグッと引き立たせてくれる。5

紹介した以外にも、和風の料理にも合うように配合し、グリルした肉や野菜にもピッタリな「ピリ辛えびかに味」など、想像するだけで、お腹がすきそうな粉ドレが紹介されている。気になる方はFOODIEの記事へ。

「プレゼントにしたり、お弁当のサラダに持っていったりするのもおすすめです。サラダだけでなく、いろいろなお料理に塩を使う感覚で、気軽に使ってみてください!」(佐藤さん)

佐藤さんのレシピを元に、自分好みの粉ドレを作ってみては?

液体じゃない! 振りかけて使う新感覚の「粉ドレ」手作りレシピ [FOODIE]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense