SHARE

先日ROOMIEでも紹介したハイレゾ(32bit/384kHz)対応世界最小クラスのポータブルDACアンプ「SPECTRA」。

ROOMIEの運営会社・メディアジーンのクラウドファンディング「machi-ya」で支援者を募集していたが、本日12月18日が最終日だ。執筆時現在、目標の金額に対して300%を突破し、支援者は240人超えと、オーディオ探究者から熱い注目を浴びている。

ROOMIEの運営会社・メディアジーンのクラウドファンディング「machi-ya」で支援者を募集していたが、本日12月18日が最終日だ。執筆時現在、目標の金額に対して300%を突破し、支援者は240人超えと、オーディオ探究者から熱い注目を浴びている。

スマホに組み込まれているヘッドホンアンプ部は、必要最低限な構成となっていることがほとんど。ゆえに駆動力が低く、高価なヘッドホン/イヤホンの実力を発揮できない。

そこで、ヘッドホンアンプ内蔵の「USB DAC」というわけだ。

ROOMIEの運営会社・メディアジーンのクラウドファンディング「machi-ya」で支援者を募集していたが、本日12月18日が最終日だ。執筆時現在、目標の金額に対して300%を突破し、支援者は240人超えと、オーディオ探究者から熱い注目を浴びている。

「SPECTRA」の中には世界中の高級オーディオ製品でも採用されている、ESS Technology社の最新世代DAC&アンプチップ「SABRE9018Q2C」を搭載。世界最小クラスだからといって中身に妥協はない。

本プロジェクトは12月19日午前0時まで。タイプはMicroUSB/USBの2種類で、カラーはBlackとSilverの2色。日本先行ローンチ記念の限定カラーのRoseGoldもあったが、すでにSOLD OUTとなっている。

[machi-ya]

text by ロバーツ町田

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense