SHARE

アンプって気になるけど、なかなか手が出せない。

もっと音楽通になるためにアンプを買ってみたいけど、選び方や楽しみ方がよくわからない……という人も多いはず。そこで、ディスクユニオンが運営するオーディオ専門店「オーディオユニオン 新宿店」の原さんに、アンプやハイレゾの楽しみ方をうかがってみた。

そもそも「アンプ」の役割って?

アンプって気になるけど、なかなか手が出せない。もっと音楽通になるためにアンプを買ってみたいけど、選び方や楽しみ方がよくわからない……という人も多いはず。そこでディスクユニオンが運営するオーディオ専門店「オーディオユニオン 新宿店」の原さんに、アンプやハイレゾの楽しみ方をうかがってみた。1

──まず、アンプの役割を教えてください。

アンプというのはアンプリファイアという言葉からきた「増幅」の意味で、つまり音を増幅する機械のことです。CDや音楽データの音の信号はとても小さいので、そのまま出してもあまりよく聞こえません。その信号を増幅して、スピーカーやイヤホンに送ってあげるのがアンプの役割。スマホなど、普段音楽を聴くもののどこかしらにアンプは使われています。

──では、外部にまたアンプを挟む必要はあるんですか? どんな変化があるのでしょう?

スマホの一番の目的は音楽を楽しむことではないので、音に関してあまり考慮されていないものもあります。きちんとしたアンプを搭載すると電力を食いますし、機器の大きさも必要になるので、スマホでは音質が犠牲になっているのが一般的と言えます。音を考慮したアンプをはさむことで、音楽データをデジタルから人が聞けるアナログに変換する精度が高くなるわけです。

忠実な音を再現したり、デジタルデータが変換されイヤホンに届くまでに発生するノイズによる音の濁りに対応し、音楽を純粋に楽しむことができます。

特にポータブルアンプは電力を抑えて音質も確保できる、ここ最近の技術。小さくてもそれなりに音が鳴るものも出てきていますし、今の音楽スタイルにあうモバイル性と音質の良さを兼ね備えているのがメリットですね。

──「アンプ」初心者がついやりがちな間違いを教えてください。

スマホで音楽を聴く場合、注意が必要なのはハイレゾ環境で再生するとき。ハイレゾを聴くためには、推奨するソフトを使わないと、ハイレゾの品質でイヤホンに届かない場合があります。いわゆるCD品質という、品質を落とした状態で再生されてしまうんです。また、ハイレゾ対応のUSBダック(アンプ)自体もピンキリで、例えば一番高い品質のものに対応していない場合は、再生そのものができない場合も考えられます。

そのため、買う前に対応している範囲を注意して見ることと、展示しているところで実際に試すことをお勧めします。やっぱり好みの音は個人差がありますし、聴くジャンルによっても異なりますからね。アンプの先につくヘッドホンでも音が変わるので、いろいろな組み合わせをして、自分で納得のいくものを選ぶのが大事です。

「ハイレゾ=音質がよくなる」は誤解? ハイレゾの正しい知識

アンプって気になるけど、なかなか手が出せない。もっと音楽通になるためにアンプを買ってみたいけど、選び方や楽しみ方がよくわからない……という人も多いはず。そこでディスクユニオンが運営するオーディオ専門店「オーディオユニオン 新宿店」の原さんに、アンプやハイレゾの楽しみ方をうかがってみた。2

原さん愛用の、海外オーディオメーカー「iBasso Audio」のハイレゾプレイヤーと「SHURE」のイヤホン

──先ほど「ハイレゾ」という言葉が出てきましたが、「ハイレゾ」はCD音源を聴くのと比べると音質が良いんでしょうか?

「ハイレゾだから音が良い」って思い込みがあるかもしれないですが、ハイレゾというのはCDの品質よりも「音の情報量が多い」ということ。CDが主役だった時代に作られた作品はCDでベストな状態の音の作り方をされているので、それをハイレゾにしたらCDより音が良くなるかというと……必ずしもそういうわけではないんです。

例えばCDが流行る前の時代の、音源の元になる「マスター=いわゆる原盤」とよばれているものは、情報量がたくさん詰め込まれているので、それをハイレゾにするのは音質的にも優位な面があります。すべてのものがハイレゾになると良いわけではないので、ハイレゾのデータが音質の良し悪しを決めるのではないと認識をしてもらえればと思います。

──音の違いを体感しやすいジャンルはありますか?

クラシックは、楽器の情報量が多いのでハイレゾの恩恵が受けられるかなという印象があります。生演奏など音の微妙な強弱によるきめ細かい情報は、ハイレゾにすることで再現される利点もあるんです。ハイレゾがまだデータ化される前、1999年に「SACD」という規格が出ましたが、その際もオーケストラの方に受け入れられました。

SACDは、ジャズの受けがあまりよくなかった印象です。SACDになると「音が自然になる」「元の音に忠実になる」んですが、その分「力強さ」が少し弱くなるので、ジャズのウッドベースなど、ゴリゴリした押し出しのあるような音が削がれてしまうんですよね。

そのためSACDにしろハイレゾにしろ、ジャンルや曲によっての良し悪しがあると感じます。ただ、製作側はハイレゾで良いとして出しているので、そのあたりはリスナーとの体感の差になってしまうかもしれないですね。

その辺も踏まえると、やはりクラシックが合うのかなとは思うのですが、音が少ない場合はそれだけ変化がわかりやすいのもあるので、バンドサウンド打ち込み系も良いと思います。

他にも、今はアニメーションのハイレゾ楽曲もすごく増えているので、そういうのを聴いても楽しめると思いますし、ハイレゾのものとCD品質のものを聴き比べてみるのもおもしろいですよ。

──ハイレゾ環境を楽しむために必要なものを教えてください。

まずは、音源とスマホなどの再生機器はもちろん必要で、そこから音にこだわるのであれば「SPECTRA」のようなUSBダックを通してヘッドホンやイヤホンで聴くのが、今の持ち運び型の音楽スタイルには1番合っています。よくイヤホンでハイレゾ対応という言い方をしているものがありますが、これもまた認識に誤解がある方もいらっしゃるだろうと感じます。ハイレゾ対応のUSBダックに、ハイレゾ対応でないイヤホンをつないだ場合、まともにハイレゾ音源が聴けないか、というとそうではないのです。

イヤホンは対応する周波数の領域がそれぞ違い、ハイレゾ対応と書かれているものは、音の周波数がハイレゾで保存されている周波数まで対応するという意味を示します。そのため、ハイレゾ対応との記載がないイヤホンではまったく聴けないわけではなく、あくまで周波数の限界を超えたところが聴こえないだけなので、実際には人の耳には音として聞き取れない領域の話です。

ただ、楽曲が持つ空気感とか雰囲気とか、そのようなところがハイレゾ環境にすることで再現されますよ。

──ハイレゾ環境を整えるには値段が張る印象を受けますが、最近のハイレゾ事情について教えてください。

ハイレゾを聴く環境はコンピューターが絡むことが多いため、そういったものに抵抗のない若い世代の人が、「音を聞く」ことに興味を持ってくれたらもっと広まる可能性がありますね。少し前に、iPodの登場で持ち歩いて音楽を聴くのが流行ったことで、音を圧縮してCDよりさらに音質を下げ、たくさん持ち運べるようにしていたものを、今「音質を上げる」ことに意識が向いてきた状況ではないでしょうか。ハイレゾはまだ言葉だけが先行している印象で、ここからハイレゾという新しい技術がどう浸透していくかを我々も考えていかないといけません。

クラウドファンディングで支援募集中の「SPECTRA」は、オーディオにこだわる第1歩に向いている

アンプって気になるけど、なかなか手が出せない。もっと音楽通になるためにアンプを買ってみたいけど、選び方や楽しみ方がよくわからない……という人も多いはず。そこでディスクユニオンが運営するオーディオ専門店「オーディオユニオン 新宿店」の原さんに、アンプやハイレゾの楽しみ方をうかがってみた。3

──メディアジーン運営のクラウドファンディングmachi-yaにて、現在260%以上の支援を受けている、世界最小クラスのハイレゾ対応ポータブルアンプ「SPECTRA」を手に取ってみた印象や、音の質感はいかがですか?

はじめは、ポータブルアンプは大きさがあるのが普通で、どうしても大きさとクオリティが比例してしまう印象があったので、正直この小ささでよく音が鳴るのかなという疑問がありました。実際に聴いてみると、音の透明感がすごいなと感じました。どこで音がなっているかという位置感がすごくクリアになった印象です。ジャンルに関係なく音のきめが細かい・ノイズがないので、最近の音楽の傾向であるきめの細かい音・キラキラした音によく合うと思います。

ただ、私の使っているヘッドホンとの組み合わせの問題ですが、高音が少々きつく感じました。ただ、イヤホン・ヘッドホンが変われば当然音の出方も変わってきます。こういったもののメリットは、ヘッドホンの性能をさらによくするところにあるので、「SPECTRA」を挟むことでヘッドホンの得意な音をさらに底上げをする役割がなされます。そういった意味も含め、エントリークラスの価格帯のものとしては、よくできているなという印象でした。他社のポータブルアンプだと3万を超えるものも多いので、最初にこのモデルから入るのも良いと思います。

「SPECTRA」で試した音楽では、特に生演奏系がおもしろかったですね。Jake Shimabukuroさんの『アランフェス協奏曲』は、音全体が透明感を持つので、弦楽器の演奏が際立っていましたね。ウクレレの高い音が気になる部分もありましたが、アンプ・ヘッドホンなどトータルのバランスを考えることが、より楽しめる要素になるのではないでしょうか。

また1点気になったことは、私が使っているスマホ「Xperia Z3 conpact」の場合、USBが上部の左横なので、堅さのあるケーブルが逆に気になって、ポケットに入れての持ち運びがしづらいなと感じました。ただ、すべての機種にとってベストなアイテムは難しいですし、耐久性も考慮してのことなので、今後さらに改善されることに期待したいです。

──「SPECTRA」は、どんな方にオススメですか?

音響製品はメーカーの個性が出るので、高額なオーディオ機器の中でも高い方が絶対にいいわけではなく、聞き手にどれだけその個性がマッチするかが大きいです。「音をちゃんと聞きたい」と考えている方のスタートに適しているので、初めてのオーディオとしてお勧めしやすいですね。「音がよくなった」「透明感が出た」と体感できる、とっかかりになるのではないでしょうか。

音響にまだそれほど興味がない方が、自分の好きな音楽を「SPECTRA」を通して聴いてみて、音が変わる体験をして、音響に興味をもつきっかけになったら良いと思います。さらにそこから、ヘッドホンを変えてもっと自分の好みの音を見つけたり、もっと良いアンプを使いたいと考えたり、オーディオのステップアップにつながるものだと感じますね。

音を聞くことの楽しみを共有したいから、アンプをプレゼントしてみる

アンプって気になるけど、なかなか手が出せない。もっと音楽通になるためにアンプを買ってみたいけど、選び方や楽しみ方がよくわからない……という人も多いはず。そこでディスクユニオンが運営するオーディオ専門店「オーディオユニオン 新宿店」の原さんに、アンプやハイレゾの楽しみ方をうかがってみた。4

──アンプは男性の趣味のイメージがある気がしますが、女性へのプレゼントにアンプってどうですか?

オーディオを購入するのは、やはり男性の方が多いですね。オーディオに関する評論家の方も、女性はほとんどいらっしゃらないと思います。音を聞くという考え方に男女の差はないとは感じますが、オーディオのプロダクト自体が男性目線で、例えばカラー展開が作られているものは少ないですね。

でも、相手の好きな音楽から入って「好きな音楽を楽しむ」ことを目的に、アンプを一緒にプレゼントするのは良いと思います。あとは、アンプを正しく使うためには、ドライバーやアプリが必要となるので、コンピューター慣れをしていない人にとっては敷居が高いかもしれません。そういった部分について、相手とコミュニケーションを取りながら好きな音楽をオーディオを通して一緒に聴く楽しみ方はできそうですね。

アンプって気になるけど、なかなか手が出せない。もっと音楽通になるためにアンプを買ってみたいけど、選び方や楽しみ方がよくわからない……という人も多いはず。そこでディスクユニオンが運営するオーディオ専門店「オーディオユニオン 新宿店」の原さんに、アンプやハイレゾの楽しみ方をうかがってみた。6

原さんにお試したいただいた「SPECTRA」は、PCやスマホにつないで気軽に楽しめ、お手頃価格でゲットできるので、「はじめてのアンプ」にオススメ。お得な2本セットのペアパックなど、大切な人と「音を楽しむ」時間をシェアするのもよさそうだ。

自分の気に入る音を追い求めるなんてカッコイイ。毎日の音楽ライフをハイな気持ちで過ごすために「ハイレゾ対応ポータブルアンプ」という選択肢をぜひ検討したい。

プロジェクトは12月18日(日)00時終了なので、気になる方は早めにチェックを!

SPECTRA[machi-ya]

執筆・撮影:machi-ya事務局

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense