SHARE

防水×太陽光で勝手に充電。「ルンバ」開発者が手掛ける雑草取りロボット

161214_hitmatome3

雑草を抜く手間をカットしてくれる優秀なガーデニングロボット「Tertill」の紹介。農薬を使って雑草対策をする必要がなくなるので、家庭菜園の最大の魅力である安全性を保てる。ルンバの設計者が手掛けているため、動作には共通の要素があるようだ。

記事はこちら:防水×太陽光で勝手に充電。「ルンバ」開発者が手掛ける雑草取りロボット


ROOMIEリニューアル記念企画、ミレニアル世代と語る「東京のボーイズ・ライフ」

161214_hitmatome7

2016日11月22日にリニューアルした新生ROOMIEのメディアコンセプト「好奇心と暮らす」をテーマに、中目黒 蔦屋書店さんで開催した『東京のボーイズ・ライフ』の様子をレポート。イラストレーター、映像作家のオオクボリュウ氏、Yogee New Waves ボーカルギターの角舘健悟氏をゲストとして迎えた当イベントは、熱く、そしてユーモアたっぷりの最高な時間であった。

記事はこちら:ROOMIEリニューアル記念企画、ミレニアル世代と語る「東京のボーイズ・ライフ」


暮らしの多様性が、住まいを変える。プロが考えるこれからの家づくり

161214_hitmatome1

「HOUSE VISION 2」で、建築家・坂 茂さんとコラボレーションした建築材料・住宅設備機器業界最大手のLIXIL。完成した「凝縮と開放の家」の展示計画に携わった水野治幸さんと冨岡陽一郎さんに、これからの家づくりについて、お話をうかがった。LIXILが考える、時代に合ったライフスタイルとは?

記事はこちら:暮らしの多様性が、住まいを変える。プロが考えるこれからの家づくり


日本の町工場の情熱で完成した「電子基板萌え」を楽しむiPhoneケース

161214_hitmatome2s

回路はアートだ! あらゆる電化製品の中に組み込まれている基板・回路を主役にした「PCB ART moeco」のiPhoneケース「基板回路線図」シリーズが、ECモールmachi-yaに登場した。東京編、関西編、京都編の全3種類で展開中。回路の迷宮の中で、自分の最寄り駅を探してみるのも楽しそうだ。

記事はこちら:日本の町工場の情熱で完成した「電子基板萌え」を楽しむiPhoneケース


かわいいだけじゃない。フライングタイガーのシンプルグッズでDIY

161214_hitmatome5

女性や子ども向けのアイテムが多いイメージの「フライングタイガー」だが、実はシックなもの、シンプルなものも多い。今回はそんなシンプルなものからチョイスしたアイテムを使って、2点のDIYの挑戦。名付けてフライングタイガーハック

記事はこちら:かわいいだけじゃない。フライングタイガーのシンプルグッズでDIY


キッチンの壁にスッキリ収納。作家の作る針金コーヒーフィルター

161214_hitmatome4

ワイヤーアート作品を複数手掛ける作家・関昌生さんが、ひとつひとつ手づくり針金で作られたコーヒーフィルターホルダーの紹介。針金の一本線なのに、深みがあるデザインだ。

記事はこちら:キッチンの壁にスッキリ収納。作家のつくる針金コーヒーフィルター


ポーランドの若手クリエイターがリノベーションした、築100年の4室限定ホテル

161214_hitmatome6

東欧ポーランド・ワルシャワにある築100年のホテルを、若手クリエーターたちがリノベーションして誕生したホテル「AUTHOR ROOMS(アウタールーム)」 には、客室がたった4室しかない。“質より量”にカウンターを放つかのごとく、それぞれの部屋が異なるテイストを持つ充実した空間となっている。

記事はこちら:ポーランドの若手クリエイターがリノベーションした、築100年の4室限定ホテル

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense