161208_95833626

SHARE

街ではイルミネーションも点灯し始め、住宅街にも様々な飾り付けが見られる季節。クリスマスソングを耳にすることも増えてきた。

そこで、去年とはちょっと違うクリスマスのを演出するために揃えたいオススメのアイテムを紹介したい。

「リース&ライトアップ」で軒先を華やかに

フレッシュな緑の香り出迎えるクリスマスブーケ

本物の木を使ったリースを探しているなら、machi-yaに出店しているARIGATO GIVINGの「オリジナルのクリスマスリース&ブーケ」がオススメだ。玄関先を彩る華やかなクリスマスリースは、本物のモミの木や月桂樹、香りの良い枝木を使って、プロのフラワーコーディネーターが丁寧にアレンジしている。

本物の木を使ったリースを探しているなら、machi-yaに出店しているARIGATO GIVINGの「オリジナルのクリスマスリース&ブーケ」がオススメだ。

玄関先を彩る華やかなクリスマスリースは、本物のモミの木や月桂樹、香りの良い枝木を使って、プロのフラワーコーディネーターが丁寧にアレンジしている。

注文の際に「明るめのカラーで」「赤色を多めに」「おまかせで」などアレンジをリクエストできるセミオーダータイプのリースやブーケなので、自分の好みにバッチリ合ったクリスマスムードを演出できる。また自宅用だけでなく、メッセージを添えてクリスマスプレゼントとして贈るのにもおすすめだ。

リースハンガーも華やかなタイプをチョイス

クリスマスリースを玄関に飾るためのアイテムといえば「リースハンガー」。せっかくフレッシュな生のリースをを飾るのだから、リースハンガーも華やかなデザインを選びたい。mankikkiの「リースハンガー」は明るめのアンティークゴールドドアの上部に引っ掛けるだけの簡単設置で、大きめのリースも安定して飾ることができる。

クリスマスリースを玄関に飾るためのアイテムといえばリースハンガー。せっかくフレッシュな本物の木のリースをを飾るのだから、リースハンガーも華やかなデザインを選びたい。mankikkiの「リースハンガー」は明るめのアンティークゴールドドアの上部に引っ掛けるだけの簡単設置で、大きめのリースも安定して飾ることができる。

LED プロジェクターライトで華やかさをアップ

玄関先をライトアップするのにオススメなのは、「LEDイルミネーション 雪の結晶」だ。雪の結晶を映し出せるので、生の木のリースと共に、楽しげな雰囲気を演出してくれる。照度の高いLEDを採用しているので、玄関に限らず、より広い範囲を照らすことも可能だ。

玄関先をライトアップするのにオススメなのは、「LEDイルミネーション 雪の結晶」だ。雪の結晶を映し出せるので、本物の木のリースと共に、楽しげな雰囲気を演出してくれる。照度の高いLEDを採用しているので、玄関に限らず、より広い範囲を照らすことも可能だ。

室内はブーケとLEDキャンドルで暖かな雰囲気を作ろう

木の香りが部屋に広がるクリスマスブーケ

せっかく玄関を飾り付けるなら、それに合わせて室内も飾りたいところ。ARIGATO GIVINGでは、生の木の「クリスマスブーケ」もオーダー可能だ。森の中にいるようなフレッシュな香りを、部屋の中で楽しむことができる。ちなみにドイツでは、このように枝が下に伸びるアレンジが主流のようだ

せっかく玄関を飾り付けるなら、それに合わせて室内も飾りたいところ。ARIGATO GIVINGでは、本物の木の「クリスマスブーケ」もオーダー可能だ。森の中にいるようなフレッシュな香りを、部屋の中で楽しむことができる。ちなみにドイツでは、このように枝が下に伸びるアレンジが主流のようだ。

ほのかに揺らぐ光…キャンドルはLEDでタイマー付き

「Horich揺らぐ炎」は、本物のろうそくのように明かりが揺らめく仕様となっている。高さの違う3本のLEDキャンドルライトは、リモコンにより、OFFがタイマーや明るさの調整が可能。クリスマスが終わった後でも、冬の間は間接照明として楽しめそうだ。

クリスマスブーケの傍らには、キャンドルの柔らかな灯りを置きたい。LEDキャンドルであれば、火事の心配もなく、ゆったりした時間が過ごせそうだ。

Horich揺らぐ炎」は、本物のろうそくのように明かりが揺らめく仕様となっている。高さの違う3本のLEDキャンドルライトは、リモコンにより、OFFがタイマーや明るさの調整が可能。クリスマスが終わった後でも、冬の間は間接照明として楽しめる。

クリスマスリース, クリスマスブーケ[machi-ya]
mankikki リースハンガー, LEDイルミネーション 雪の結晶, Horich揺らぐ炎
text by 藤加祐子

161208_95833626

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense