SHARE

スケートボードやBMXなどの動画撮影は、スマートフォンでその素早い動きに付いていくことは困難だった。一般的なスタビライザーを使っても、満足のいく動画を撮影するのは難しいだろう。

しかし、今回紹介する「FlowMotion ONE」は、今までの製品とは一線を画した存在。手軽に使えてあらゆる動きにも対応する、ストリートに最適なガジェットだ。

「FlowMotion ONE」は、被写体のスピードのある動きにもかかわらず、ブレを感じさせないほどの安定した動画に仕上がる。

このクオリティを実現したのが、センサー3D手ブレ補正ソフトウェアを用いた最先端技術。3つの高精度電動モーターがスマートフォンの位置を安定させ、手ブレを解消してくれるのだ。

設定した角度での固定や、常に水平な位置を保つ撮影モードから、あらゆる方向に合わせて動く撮影モードまで、あらゆる撮影のニーズに対応している。

Kickstarterでクラウドファンディング開始1時間で目標金額を達成したスマートフォン用スタビライザー「FlowMotion ONE」。センサーと3D技術を駆使した補正技術はもちろん、アプリと連動した自動追尾機能などの機能も充実。
Kickstarterでクラウドファンディング開始1時間で目標金額を達成したスマートフォン用スタビライザー「FlowMotion ONE」。センサーと3D技術を駆使した補正技術はもちろん、アプリと連動した自動追尾機能などの機能も充実。

デザインは、受賞歴もあるノルウェーのデザイン会社「EGGS」が担当。洗練された北欧のデザインだけでなく、持ち手部分を取り外してスタビライザー部分を折りたたむと、ポケットサイズに。300gと軽量なので、ジーンズのバックポケットに入れて持ち歩くのにも最適だ。

手持ちで使用するのはもちろん、カメラマウントベースに取り付けて使用することも可能。

Kickstarterでクラウドファンディング開始1時間で目標金額を達成したスマートフォン用スタビライザー「FlowMotion ONE」。センサーと3D技術を駆使した補正技術はもちろん、アプリと連動した自動追尾機能などの機能も充実。

アプリと連動させた追加機能も、動画撮影の可能性を大きく広げてくれる。

画面上の被写体に対する設定ができる専用アプリを使うと、被写体がどんな動きをしようとも、常にフレームに収まるように自動的に追尾してくれるのだ。

そのほかにも、低速度撮影によるタイムラプス動画や、パノラマ写真などの機能も充実している。

Kickstarterでクラウドファンディング開始1時間で目標金額を達成したスマートフォン用スタビライザー「FlowMotion ONE」。センサーと3D技術を駆使した補正技術はもちろん、アプリと連動した自動追尾機能などの機能も充実。

スマートフォン全機種に対応。USB充電の交換式バッテリーを使用し、バッテリー稼働時間は3時間

別売りで延長ポールや予備の交換式バッテリーも用意している。

Kickstarterのクラウドファンディングに参加中であるが、なんと開始1時間で目標金額を達成するという人気ぶり。現時点で7倍近くの資金を集め、締め切りの来年1月までにどれほどの資金を集めるのか、期待が高まっている。

FlowMotion ONE [Kickstarter]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense