SHARE

老若男女問わず好きな人が多い豚肉のしょうが焼き。今回は、その豚肉のしょうが焼きを作るときに使うたれのレシピを紹介したい。

しょうががしっかり効いて、さらにすぐ使うことも豚肉を漬け込むこともできるたれである。


『豚しょうが焼きのたれ』

材料

しょうががよく効きやみつきになる「豚のしょうが焼きのたれ」のレシピ。保存もできすぐにでも使え、漬け込みにも使用できる便利なたれ。りんごの皮が気にならければ皮ごとすりおろすとちょっと旨味が出る。甘めのたれにしたい場合は砂糖を少々加えてもよし。
しょうががよく効きやみつきになる「豚のしょうが焼きのたれ」のレシピ。保存もできすぐにでも使え、漬け込みにも使用できる便利なたれ。りんごの皮が気にならければ皮ごとすりおろすとちょっと旨味が出る。甘めのたれにしたい場合は砂糖を少々加えてもよし。

しょうが(80g)
たまねぎ(1/2個)
りんご(1/2個)
にんにく(2片)
醤油(150cc)
(50cc)
みりん(100cc)
はちみつ(大さじ1杯)
(50cc)


作り方

STEP1

しょうががよく効きやみつきになる「豚のしょうが焼きのたれ」のレシピ。保存もできすぐにでも使え、漬け込みにも使用できる便利なたれ。りんごの皮が気にならければ皮ごとすりおろすとちょっと旨味が出る。甘めのたれにしたい場合は砂糖を少々加えてもよし。

醤油、酒、みりん、はちみつ、水を鍋に入れる。


STEP2

しょうががよく効きやみつきになる「豚のしょうが焼きのたれ」のレシピ。保存もできすぐにでも使え、漬け込みにも使用できる便利なたれ。りんごの皮が気にならければ皮ごとすりおろすとちょっと旨味が出る。甘めのたれにしたい場合は砂糖を少々加えてもよし。

しょうが半分、たまねぎ、りんご、にんにくをすりおろす。残り半分のしょうがは千切りにする。


STEP3

しょうががよく効きやみつきになる「豚のしょうが焼きのたれ」のレシピ。保存もできすぐにでも使え、漬け込みにも使用できる便利なたれ。りんごの皮が気にならければ皮ごとすりおろすとちょっと旨味が出る。甘めのたれにしたい場合は砂糖を少々加えてもよし。
しょうががよく効きやみつきになる「豚のしょうが焼きのたれ」のレシピ。保存もできすぐにでも使え、漬け込みにも使用できる便利なたれ。りんごの皮が気にならければ皮ごとすりおろすとちょっと旨味が出る。甘めのたれにしたい場合は砂糖を少々加えてもよし。

step2の材料を鍋に入れ、中火でアクを取りながら一煮立ちさせて完成。

このまま使うも良し、豚肉を漬け込むも良しでお好みの豚の生姜焼きの調理の仕方でたれを使うことができる。

ワンポイントアドバイス

・りんごの皮が気にならければ皮ごとすりおろすとちょっと旨味が出る。
・甘めのたれにしたい場合は砂糖を少々加えてもよし

しょうががよく効きやみつきになる「豚のしょうが焼きのたれ」のレシピ。保存もできすぐにでも使え、漬け込みにも使用できる便利なたれ。りんごの皮が気にならければ皮ごとすりおろすとちょっと旨味が出る。甘めのたれにしたい場合は砂糖を少々加えてもよし。

たれは冷蔵庫で1週間ほど保存もできる。保存パックで平らに冷凍庫に入れ、凍らせて板状にし、使いたい分だけ使用するのもいい。

しょうががよく効いて食べると体がポカポカと感じ、豚肉とご飯のおいしさを引き立ててくれる。いろいろと応用できるたれなので、ぜひお試しを。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense