日本には、職人の技が光る伝統工芸がたくさん残っています。地域でワークショップを開催したり、動画やECサイトを駆使したりと、伝統工芸を広めたい・残したいという思いは自治体から個人まで、各地で散見されます。

兵庫県を拠点にアクセサリーやバッグの販売を行う「WAKURA-和蔵-」もそのひとつ。伝統工芸の普及を目指すプロダクトブランドです。

ただ「WAKURA-和蔵-」は、伝統工芸の良さをストレートに伝えるのではなく、独特の手法をとっています。

西陣織や清水焼など、伝統工芸品の端材を活かしたアップサイクル商品を販売する「WAKURA-和蔵-」を紹介します。生産者とともに選定した端材を、クリエーターや企業とともに商品化。もともと捨てられるはずだった伝統工芸品の欠片が、新しい商品として生まれ変わります。
西陣織や清水焼など、伝統工芸品の端材を活かしたアップサイクル商品を販売する「WAKURA-和蔵-」を紹介します。生産者とともに選定した端材を、クリエーターや企業とともに商品化。もともと捨てられるはずだった伝統工芸品の欠片が、新しい商品として生まれ変わります。
西陣織や清水焼など、伝統工芸品の端材を活かしたアップサイクル商品を販売する「WAKURA-和蔵-」を紹介します。生産者とともに選定した端材を、クリエーターや企業とともに商品化。もともと捨てられるはずだった伝統工芸品の欠片が、新しい商品として生まれ変わります。
西陣織や清水焼など、伝統工芸品の端材を活かしたアップサイクル商品を販売する「WAKURA-和蔵-」を紹介します。生産者とともに選定した端材を、クリエーターや企業とともに商品化。もともと捨てられるはずだった伝統工芸品の欠片が、新しい商品として生まれ変わります。

「WAKURA-和蔵-」が商品を制作する際に使用する素材は、伝統工芸品の端材やデッドストック

本来であれば廃棄されるものですが、生産者と直接コミュニケーションをとり、選定します。

西陣織や清水焼など、伝統工芸品の端材を活かしたアップサイクル商品を販売する「WAKURA-和蔵-」を紹介します。生産者とともに選定した端材を、クリエーターや企業とともに商品化。もともと捨てられるはずだった伝統工芸品の欠片が、新しい商品として生まれ変わります。

生産者とともに選定した端材を、クリエーターや企業とともに商品化。素材本来の良さや個性が生かしながら、丁寧に手作りします。

西陣織や清水焼など、伝統工芸品の端材を活かしたアップサイクル商品を販売する「WAKURA-和蔵-」を紹介します。生産者とともに選定した端材を、クリエーターや企業とともに商品化。もともと捨てられるはずだった伝統工芸品の欠片が、新しい商品として生まれ変わります。

世に出ることのなかった京焼、清水焼、西陣織糸などを活かした「アクリル×工芸品の一輪挿し」と「アクリル×陶器のCUBE」。

もともと捨てられるはずだった伝統工芸品の欠片が、新しい商品として生まれ変わり、世に出ていくのです。

西陣織や清水焼など、伝統工芸品の端材を活かしたアップサイクル商品を販売する「WAKURA-和蔵-」を紹介します。生産者とともに選定した端材を、クリエーターや企業とともに商品化。もともと捨てられるはずだった伝統工芸品の欠片が、新しい商品として生まれ変わります。

「WAKURA-和蔵-」の最終的な目標は、産品のブランディングや商品販売ではありません。商品をきっかけに、素材が使われた伝統工芸のある町へ「行ってみたい」「見てみたい」という思いを創出することが目的です。

日常的に伝統工芸品に触れる機会は多くないと思いますが、「WAKURA-和蔵-」の新しい商品を通して、少しずつ知ってみるのはどうでしょうか。

[WAKURA-和蔵-]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense