20

大きな災害が起きた時、すべてのライフラインの復旧にかかるといわれる「72時間」。その時間を乗り切ることができるかが、生死を分けるといわれています。

3日間、9食分。命をつなぐための食糧を、備蓄していますか?

「東京備食」は、東京を代表する名店のシェフ監修によるメニューを缶詰にして、「東京防災」製作チームによる編集・デザインの本に収めた本型の備蓄食です。大きな災害が起きた時、すべてのライフラインの復旧にかかるといわれる「72時間」を乗り切ることが重要です。1

備蓄の中で重要なのが「水と食料」。でも実際には、約5割の人が備蓄をしておらず、特に備蓄への意識が低い若年層の一人世代は、ほとんど備蓄をしていない調査結果があります。

家族分の水や食料の備蓄は、場所を取ったり消費期限を気にする必要があったりと、実践に踏み出せなかったり、最初は頑張っても段々と意欲が薄れてしまう人が多いようです。

それなら本棚に、食べられる防災ブックを置いてみては?

「東京備食」は、東京を代表する名店のシェフ監修によるメニューを缶詰にして、「東京防災」製作チームによる編集・デザインの本に収めた本型の備蓄食です。大きな災害が起きた時、すべてのライフラインの復旧にかかるといわれる「72時間」を乗り切ることが重要です。3

グッドデザインデザインアワード2016で金賞を受賞した『東京防災』の製作チームによる、食べられる防災ブック『東京備食』は、東京を代表する日本料理の名店「賛否両論」の店主・笠原将弘シェフ監修によるメニューを、缶詰にして本に収めたもの。

総合プロデューサーは電通の榊良祐さん、デザイナーはNOSIGNERの太刀川瑛弼さん、イラストは岡村優太さんと、そうそうたる顔ぶれです。

災害時に適した栄養と、どんなものを食べたくなるかを調査してメニューを構成しています。カロリーは、成人が1日に必要な2,000kcal。1食分は、エネルギーを確保できる炭水化物、たんぱく質を中心に、被災時に不足しがちな食物繊維、野菜、ストレス軽減に効果的な甘味も加えた、主食(アルファ化米)、主菜、副菜、汁物、甘味の5品目。

老若男女誰もが食べやすい食材と味付けにこだわり、非常時だからこそおいしいものをと、非常食や缶詰のイメージを一新するこだわりのメニューになっています。

「東京備食」は、東京を代表する名店のシェフ監修によるメニューを缶詰にして、「東京防災」製作チームによる編集・デザインの本に収めた本型の備蓄食です。大きな災害が起きた時、すべてのライフラインの復旧にかかるといわれる「72時間」を乗り切ることが重要です。2

現在、クラウドファンディングサイトREADYFOR?で資金調達中で、すでに目標を達成しています。

本型の備蓄食が、人の命を繋ぐ。もしもの時に備えたいと思ったら『東京備食』とともに一歩踏み出してみませんか。

東京備食 [READYFOR?]

20

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking