161108ECkien

SHARE

人間には日光が絶対的に必要と分かっていますが、現代人には夜間の活動も、暗い部屋での作業も必要です。

そんな中、人間工学的に優しいライティングを追求した発明が、クラウドファンディングで注目されています。

日光と同様の色味で室内を照らす、スマホやタブレットで制御できるペンダントライト「Kiën Light Licht 1」。そもそも人間は、時間帯によって脳の中で分泌される成分が異なり、朝起きる時の「コルチゾール」と、睡眠へ導くホルモン「メラトニン」の分泌には日光が大きく影響します。5

生き物が活動しやすく、かつナチュラルな自然光の特性を反映させて、人工的な「日光」をインテリジェントに実現する「Kiën Light – Licht 1」。

日光と同様の色味で室内を照らす、スマホやタブレットで制御できるペンダントライト「Kiën Light Licht 1」。そもそも人間は、時間帯によって脳の中で分泌される成分が異なり、朝起きる時の「コルチゾール」と、睡眠へ導くホルモン「メラトニン」の分泌には日光が大きく影響します。8

そもそも人間は、時間帯によって脳の中で分泌される成分が異なります。特に、朝起きる時に大きな役割を持っている「コルチゾール」と、睡眠へ導くホルモン「メラトニン」。この分泌には日光が大きく影響しているんです。

ですから、このプロダクトのコンセプトってちょっと凄いことなんですよ。

日光と同様の色味で室内を照らす、スマホやタブレットで制御できるペンダントライト「Kiën Light Licht 1」。そもそも人間は、時間帯によって脳の中で分泌される成分が異なり、朝起きる時の「コルチゾール」と、睡眠へ導くホルモン「メラトニン」の分泌には日光が大きく影響します。2

夜は、薄暗くやさしい雰囲気の中で眠りにつき……

日光と同様の色味で室内を照らす、スマホやタブレットで制御できるペンダントライト「Kiën Light Licht 1」。そもそも人間は、時間帯によって脳の中で分泌される成分が異なり、朝起きる時の「コルチゾール」と、睡眠へ導くホルモン「メラトニン」の分泌には日光が大きく影響します。7

朝には日光色が部屋の中を照らして、目覚まし時計の代わりに起こしてくれます。

日光と同様の色味で室内を照らす、スマホやタブレットで制御できるペンダントライト「Kiën Light Licht 1」。そもそも人間は、時間帯によって脳の中で分泌される成分が異なり、朝起きる時の「コルチゾール」と、睡眠へ導くホルモン「メラトニン」の分泌には日光が大きく影響します。3

コントロールはすべてスマホやタブレットで簡単に。やはり現代ツールですね。

日光と同様の色味で室内を照らす、スマホやタブレットで制御できるペンダントライト「Kiën Light Licht 1」。そもそも人間は、時間帯によって脳の中で分泌される成分が異なり、朝起きる時の「コルチゾール」と、睡眠へ導くホルモン「メラトニン」の分泌には日光が大きく影響します。4

家の中の照明って、どうしても外光とは色味が異なるもの。「Licht 1」は、外部の日光と同じ色味を家の中に照射して、外部と内部の光の色差をなくします。

日光と同様の色味で室内を照らす、スマホやタブレットで制御できるペンダントライト「Kiën Light Licht 1」。そもそも人間は、時間帯によって脳の中で分泌される成分が異なり、朝起きる時の「コルチゾール」と、睡眠へ導くホルモン「メラトニン」の分泌には日光が大きく影響します。6

蛍光灯のように長い光源と、それを駆動させるソケット。カラーバリエーションも豊富で、ウッドタイプやコンクリートタイプなどもあります。個人的には、このコンクリートタイプのライトを家の中に吊るしてみたい……。

日光と同様の色味で室内を照らす、スマホやタブレットで制御できるペンダントライト「Kiën Light Licht 1」。そもそも人間は、時間帯によって脳の中で分泌される成分が異なり、朝起きる時の「コルチゾール」と、睡眠へ導くホルモン「メラトニン」の分泌には日光が大きく影響します。1

光と人間の関係ってまだまだ奥深くて、もっともっと開発されていっても良い分野。だからこそ、このプロダクトには期待が高まっているのではないでしょうか?

Kiën Light: Intelligent daylight at your fingertips [Kickstarter]

161108ECkien

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense