SHARE

DJセットをすでに持っている方もこれから購入する予定の方も、機材が多く設置場所や方法、配置に困っている方は多いハズ。

ルーミーの部屋取材で登場した、「DJスペース」の配置テク、土台DIYテクを紹介します。


目線の高さを大事にし、リビングと調和させる

部屋にDJスペースがあると、ガラリと印象が変わりますよね。DJセットをすでに持っている方もこれから購入する予定の方も、機材が多く設置場所や方法、配置に困っている方は多いハズ。ルーミーの部屋取材で登場した「DJスペース」の配置テクを紹介します。
部屋にDJスペースがあると、ガラリと印象が変わりますよね。DJセットをすでに持っている方もこれから購入する予定の方も、機材が多く設置場所や方法、配置に困っている方は多いハズ。ルーミーの部屋取材で登場した「DJスペース」の配置テクを紹介します。

DJスペースをリビングに面したところに作ることで、小さなクラブのような空間に仕上がります。目線の高さも計算して図面を作成し、すべてDIYで仕上げています。

記事はこちら:築80年の工場をリノベして暮らす日本人カップル(NY・ブルックリン)【みんなの部屋】


ブロックと板で簡単DIY

部屋にDJスペースがあると、ガラリと印象が変わりますよね。DJセットをすでに持っている方もこれから購入する予定の方も、機材が多く設置場所や方法、配置に困っている方は多いハズ。ルーミーの部屋取材で登場した「DJスペース」の配置テクを紹介します。
部屋にDJスペースがあると、ガラリと印象が変わりますよね。DJセットをすでに持っている方もこれから購入する予定の方も、機材が多く設置場所や方法、配置に困っている方は多いハズ。ルーミーの部屋取材で登場した「DJスペース」の配置テクを紹介します。

ブロックを並べて、その上に板を置いただけの簡単DIY。DJセットの下のスペースを活かして収納スペースに。インテリアとしても部屋になじむように、レコードを見せて配置しています。

記事はこちら:アーバンリサーチのプレスが、あえてレトロマンションを選ぶ理由(経堂)【みんなの部屋】


キャスターを付けて移動可能なDJスペース

部屋にDJスペースがあると、ガラリと印象が変わりますよね。DJセットをすでに持っている方もこれから購入する予定の方も、機材が多く設置場所や方法、配置に困っている方は多いハズ。ルーミーの部屋取材で登場した「DJスペース」の配置テクを紹介します。

DIYで作成したラックにキャスターを取り付けています。必要なときに、DJセットをまるごと移動できるため、掃除も楽に行えます。

記事はこちら:レコードに埋もれる、ザ・オトコの隠れ家(大井町)【みんなの部屋】


ブロックをそのまま活かした土台

部屋にDJスペースがあると、ガラリと印象が変わりますよね。DJセットをすでに持っている方もこれから購入する予定の方も、機材が多く設置場所や方法、配置に困っている方は多いハズ。ルーミーの部屋取材で登場した「DJスペース」の配置テクを紹介します。

こちらもホームセンターで購入したブロックを4つ並べただけの簡単DIY。ただ上記とは異なり、ブロックの中も収納スペースとして活用しています。

記事はこちら:週末のパーティを楽しむルームシェア暮らし(NY・ブルックリン)【みんなの部屋】


おまけ1:アートを散らばせて、無機質さを払拭する

部屋にDJスペースがあると、ガラリと印象が変わりますよね。DJセットをすでに持っている方もこれから購入する予定の方も、機材が多く設置場所や方法、配置に困っている方は多いハズ。ルーミーの部屋取材で登場した「DJスペース」の配置テクを紹介します。

DJセットやヘッドホン、コードなど、AV機器は無機質になりがち。ポスターや絵画など、デザイン性の高いアイテムを周りに配置して、華やかに彩るのもいいですね。

記事はこちら:白い空間にアートを取り入れる(府中市)【みんなの部屋】


おまけ2:たまったレコードは、部屋に合う箱に収納

部屋にDJスペースがあると、ガラリと印象が変わりますよね。DJセットをすでに持っている方もこれから購入する予定の方も、機材が多く設置場所や方法、配置に困っている方は多いハズ。ルーミーの部屋取材で登場した「DJスペース」の配置テクを紹介します。

どうしてもたまってくるレコード。サイズが大きいので、壁や本棚にたてかけるのも数が限られてしまいます。箱におさめてスッキリ収納しましょう。部屋の雰囲気に合った箱ならなおさらGOOD。

記事はこちら:白い空間にアートを取り入れる(府中市)【みんなの部屋】

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense