SHARE

家の2階や3階に移動する手段は? 多くの場合「階段」になるのではないでしょうか。エレベーターが設置されている家もありますが、まだ少数派だと思います。

今回は、もしかしたらこれから主流になるかもしれない「人力エレベーター」をご紹介しましょう。

高齢化や脚を怪我した際に、家の「階段」の存在がネックになることも。この問題を解決すべく、オランダのデザイン事務所・Rombout Frieling Labが公開したのが、なんと人力のエレベーター「Vertical Walking」。電力不要のエコ派です。1

都会で暮らしていると、一軒家を持ったとしても、縦に面積を広げるしかない場合が多いです。そうすると、高齢化や脚を怪我した際には「階段」の存在がネックになることも。

この問題を解決すべく、オランダのデザイン事務所・Rombout Frieling Labが公開したのが、なんと人力のエレベーター「Vertical Walking」。

動画を見るとわかりやすいですが、直訳すると「垂直に歩く」という名前からしても、エレベーターとはもはや違う移動手段と言っていいかもしれません。

高齢化や脚を怪我した際に、家の「階段」の存在がネックになることも。この問題を解決すべく、オランダのデザイン事務所・Rombout Frieling Labが公開したのが、なんと人力のエレベーター「Vertical Walking」。電力不要のエコ派です。4
高齢化や脚を怪我した際に、家の「階段」の存在がネックになることも。この問題を解決すべく、オランダのデザイン事務所・Rombout Frieling Labが公開したのが、なんと人力のエレベーター「Vertical Walking」。電力不要のエコ派です。5

座って、両手で柱を持ち……

高齢化や脚を怪我した際に、家の「階段」の存在がネックになることも。この問題を解決すべく、オランダのデザイン事務所・Rombout Frieling Labが公開したのが、なんと人力のエレベーター「Vertical Walking」。電力不要のエコ派です。7

手で伸縮させて、スイスイと上に登ることができます。降りる時はレバーを引けば、同じ方法で降りられるんです。

滑車や伸縮性のあるロープ、バネを組み込んだ直立のレール上を、イスに座った形でスイスイと上がっていくこの方法は、階段を使用するよりも10%以下の労力で移動でき、電力などのエネルギーも必要ありません

高齢化や脚を怪我した際に、家の「階段」の存在がネックになることも。この問題を解決すべく、オランダのデザイン事務所・Rombout Frieling Labが公開したのが、なんと人力のエレベーター「Vertical Walking」。電力不要のエコ派です。2

現在はプロトタイプの段階ですが、難病患者や足の不自由な方にも協力してしてもらい、すでにさまざまなテストを行っているとのこと。

エレベーターを設置する大きな面積が必要ないので、一般の住宅でも十分に利用できそうです。

製品化が実現したら、足腰に自信がない人も、楽々と上の階に移動できるようになりますね。

ちょっとした力を借りれば、人間は自分で移動することができる。これはおもしろいアイデアです!

Vertical Walking [Rombout Frieling Lab]
Prototype system replaces stairs and elevators with human power [NEW ATLAS]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense