SHARE

寒い季節になり、自宅で温まりながらお酒を飲みたくなる今日この頃。

ワインのおともにピッタリで、食べると止まらなるレバーパテ。市販で買うと、高価な上にサイズが小さいので、すぐ無くなってしまいますよね。

そんなレバーパテをいっぱい作れて、味もフレッシュで濃厚な「チキンレバーパテ」のレシピをご紹介します。たくさん作れるのでホームパーティやイベントに持っていくこともできますよ!


『濃厚チキンレバーパテ』

材料

「濃厚チキンレバーパテ」のレシピを紹介します。たくさん作れてパーティーやイベントにも向いてます。自分で作ったチキンレバーパテは、市販のものよりも味がフレッシュで濃厚です。香ばしく焼いたバケットやクラッカーと一緒に食べればワインも進みます。材料です。

チキンレバー(約450g)
たまねぎ(1個)
ニンニク(1片)
バター(220g)
マスタードパウダー(小さじ1)
ブランデー(大さじ1)
(少々)
こしょう(少々)


作り方

STEP1

「濃厚チキンレバーパテ」のレシピを紹介します。たくさん作れてパーティーやイベントにも向いてます。自分で作ったチキンレバーパテは、市販のものよりも味がフレッシュで濃厚です。香ばしく焼いたバケットやクラッカーと一緒に食べればワインも進みます。フライパンにバターを入れ中火にし、みじん切りにしたたまねぎを入れてしんなりするまで炒める。

フライパンにバターを入れ中火にし、みじん切りにしたたまねぎを入れてしんなりするまで炒める。


STEP2

「濃厚チキンレバーパテ」のレシピを紹介します。たくさん作れてパーティーやイベントにも向いてます。自分で作ったチキンレバーパテは、市販のものよりも味がフレッシュで濃厚です。香ばしく焼いたバケットやクラッカーと一緒に食べればワインも進みます。たまねぎが全体的にしんなりしたら、刻んだニンニクとチキンレバーを入れる。チキンレバーがキツネ色になり始めたらブランデーとマスタードパウダーを入れ、最後に塩とこしょうで味をつける。

たまねぎが全体的にしんなりしたら、刻んだニンニクとチキンレバーを入れる。

チキンレバーがキツネ色になり始めたらブランデーとマスタードパウダーを入れ、最後に塩とこしょうで味をつける。


STEP3

「濃厚チキンレバーパテ」のレシピを紹介します。たくさん作れてパーティーやイベントにも向いてます。自分で作ったチキンレバーパテは、市販のものよりも味がフレッシュで濃厚です。香ばしく焼いたバケットやクラッカーと一緒に食べればワインも進みます。こし器またはざるで、うらごしをする。
「濃厚チキンレバーパテ」のレシピを紹介します。たくさん作れてパーティーやイベントにも向いてます。自分で作ったチキンレバーパテは、市販のものよりも味がフレッシュで濃厚です。香ばしく焼いたバケットやクラッカーと一緒に食べればワインも進みます。容器に移して冷蔵庫でしばらく冷やしたら完成。

こし器またはざるで、うらごしをする。容器に移して冷蔵庫でしばらく冷やしたら完成。


ワンポイントアドバイス

・レバーは焼き過ぎないように注意。焼き過ぎると口あたりが良くないので、ミディアムレア程度で。
・今回はうらごし1回でしたが、何度かやるとさらになめらかなチキンレバーパテになります。
・保存容器に入れて1週間ほど保つので、小分けして冷凍も可能です。

「濃厚チキンレバーパテ」のレシピを紹介します。たくさん作れてパーティーやイベントにも向いてます。自分で作ったチキンレバーパテは、市販のものよりも味がフレッシュで濃厚です。香ばしく焼いたバケットやクラッカーと一緒に食べればワインも進みます。自分で作ったチキンレバーパテは、市販のものよりも味がフレッシュで濃厚です。香ばしく焼いたバケットやクラッカーと一緒に食べればワインも進みます。

自分で作ったチキンレバーパテは、市販のものよりも味がフレッシュで濃厚です。香ばしく焼いたバケットやクラッカーと一緒に食べればワインも進みます。

盛り付けのときに絞ったレモンと粗挽きのこしょうを少し多めにふりかけると、味がしまっておいしいですよ。ぜひお試しください。

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense