長崎県の中央部に位置する波佐見町。この町に、およそ400年の歴史を持つ波佐見焼の技術と伝統を生かしつつ、暮しの中で豊かさを感じられるものづくりを目指すデザインプロジェクトがあります。

その名は「essence(エッセンス)」。デザインだけでなく型を作る作業や素地を作る行程まで、80年前に建てられた、製陶所の跡地を改装した工房で行っています。

暮しの中で豊かさを感じられるものづくりをコンセプトの「essence」が販売するフラワーベースの陶磁器をご紹介します。家族をイメージしたもので、それぞれ「Father」「Mather」「Kid」と名前が付いています。プレゼントなどの贈り物としてもおすすめですよ。

「essence」で販売されている商品のひとつ、家族をイメージしたフラワーベースは、それぞれに「Father」「Mother」「Kid」と名前が付いた3サイズの陶磁器です。

3つ並ぶと、まるで家族が寄り添って並んでいるように見えます。

暮しの中で豊かさを感じられるものづくりをコンセプトの「essence」が販売するフラワーベースの陶磁器をご紹介します。家族をイメージしたもので、それぞれ「Father」「Mather」「Kid」と名前が付いています。プレゼントなどの贈り物としてもおすすめですよ。

ファミリーベース グリーンF

暮しの中で豊かさを感じられるものづくりをコンセプトの「essence」が販売するフラワーベースの陶磁器をご紹介します。家族をイメージしたもので、それぞれ「Father」「Mather」「Kid」と名前が付いています。プレゼントなどの贈り物としてもおすすめですよ。
ファミリーベース イエローM

暮しの中で豊かさを感じられるものづくりをコンセプトの「essence」が販売するフラワーベースの陶磁器をご紹介します。家族をイメージしたもので、それぞれ「Father」「Mather」「Kid」と名前が付いています。プレゼントなどの贈り物としてもおすすめですよ。
ファミリーベース ブルーK

陶磁器は窯元で素焼き(900度)にしたあと、下絵付け、施釉(釉がけ)などの装飾を加えます。その後、再度1,300度で焼きます。

磁土が焼きしまり、釉薬がガラス化した状態になればでき上がりです。

それぞれの色や形、そして磁器ならではの艶が美しく、花を飾らなくても温かいぬくもりを感じます。そこには伝統を守ってきた匠の技と、ものづくりを楽しむデザイナーや技術者の熱い想いが込められています。

暮しの中で豊かさを感じられるものづくりをコンセプトの「essence」が販売するフラワーベースの陶磁器をご紹介します。家族をイメージしたもので、それぞれ「Father」「Mather」「Kid」と名前が付いています。プレゼントなどの贈り物としてもおすすめですよ。

シンプルなデザインは奥行きのない場所でも気にすることなく飾れます。プレゼントなどの贈り物としてもおすすめですよ。

毎日の暮らしの中に、陶磁器のぬくもりをプラスしてみませんか?

essence online storeessence(エッセンス)

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking