ACE HOTELをはじめとした、最近話題のデザインホテル。

日本にも魅力的なホテルやホステルが増えていますが、一風変わったデザインホテルが、東京近郊の横浜にあるんですって。

吉村靖孝建築設計事務所設計によるコンテナを使ったベイサイドマリーナホテル横浜_1

吉村靖孝建築設計事務所設計による「ベイサイドマリーナホテル横浜」は、白をベースとした、シンプルでクリーンな空間。

メゾネットになっているため天井が高く、縦に2段重なった窓も相まって、かなりの開放感です。

ただ、このホテルの魅力は内装だけではありません。何よりも1番の特徴は、建物自体にあるのですが……この形何かに似ていると思いません?

吉村靖孝建築設計事務所設計によるコンテナを使ったベイサイドマリーナホテル横浜_2

実はこのホテル、31室ある客室がすべて、船で運ぶ「コンテナ」と同じ規格で作られているんです。

メゾネット型の客室は、コンテナ型のユニットを縦に2個重ねて作られています。

このホテルがコンテナ型をしている1番の理由は、コスト

設計を担当した吉村靖孝建築設計事務所は、建築費を抑えるために、タイで大枠の建物を作り上げることで人件費を抑えました。かつ、建材ではなく完成したコンテナ型のユニットを、コンテナ船に乗せて輸入することで、輸送コストを非常に安くあげることができるんです。

吉村靖孝建築設計事務所設計によるコンテナを使ったベイサイドマリーナホテル横浜_3
吉村靖孝建築設計事務所設計によるコンテナを使ったベイサイドマリーナホテル横浜_4
吉村靖孝建築設計事務所設計によるコンテナを使ったベイサイドマリーナホテル横浜_5

日本に着いてからは、縦にコンテナ型のユニットを積み上げ、内装を仕上げるだけなので、工期も短縮でき、結果的には人件費も削減できます。

こういったさまざまな面でのコストカットのために、このホテルはコンテナ型になっているのですね。

吉村靖孝建築設計事務所設計によるコンテナを使ったベイサイドマリーナホテル横浜_6

でき上がった客室は、ベイサイドマリーナという場所柄を活かし、波間に浮かぶ船を意識したランダムな配置に。

すべての客室から海が見え、かつ相互の視線が気にならない、よく考えられた配置になっています。

吉村靖孝建築設計事務所設計によるコンテナを使ったベイサイドマリーナホテル横浜_7

ちなみに吉村靖孝建築設計事務所では、コンテナの手法を応用して、東日本大震災の被災地向けにコンテナ住宅を提供する「エクスコンテナ・プロジェクト」という活動も行なっています。

コンテナがこんなに快適な空間になるのか! という驚きの体験をしたい方は、ぜひ泊まってみてください。

ベイサイドマリーナホテル横浜
神奈川県横浜市金沢区白帆6-1
045-770-1301
ベイサイドマリーナホテル横浜[YASUTAKA YOSHIMURA ARCHITECTS]

Photograghed by Yasutaka Yoshimura

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking