SHARE

魚を丸ごと調理するアクアパッツァ。手料理を振る舞う機会が増える季節に、最適な見栄えのよさです。

下処理があったりして、ハードルが高いと感じる人も多いと思いますが、実はコツさえ分かれば意外と簡単なんです。

今回は、伊勢丹新宿店「シーフードプロモーション」のスタイリスト、矢野なぎささんから、スープまで完食したくなる「アクアパッツァ」を教えていただきました。


アクアパッツァがうまくいく「下処理のコツ」

下処理があったりして、ハードルが高いと感じる人も多い、おしゃれな「アクアパッツァ」。実はコツさえ分かれば意外と簡単です。今回は、伊勢丹新宿店「シーフードプロモーション」のスタイリスト・矢野なぎささんからレシピを教えていただきました。パーティに最適です。2

1:下処理はプロに任せる
鮮魚コーナーで調理法を伝えれば、無料で下処理をしてもらえます。その際、どんな調理に使うのかも一緒に伝えましょう。

2:腹部処理のひと手間が、臭みを消す
下処理後、尾やヒレのふち(上の画像の位置)にウロコが残っていることがあるので、包丁でやさしくこそげ取ります。腹部の薄い膜をしっかり洗って、キッチンペーパーで拭き取ることで、臭みが取れます。


『うまみたっぷりアクアパッツァのレシピ』

材料(2〜3人分)

下処理があったりして、ハードルが高いと感じる人も多い、おしゃれな「アクアパッツァ」。実はコツさえ分かれば意外と簡単です。今回は、伊勢丹新宿店「シーフードプロモーション」のスタイリスト・矢野なぎささんからレシピを教えていただきました。パーティに最適です。1
下処理があったりして、ハードルが高いと感じる人も多い、おしゃれな「アクアパッツァ」。実はコツさえ分かれば意外と簡単です。今回は、伊勢丹新宿店「シーフードプロモーション」のスタイリスト・矢野なぎささんからレシピを教えていただきました。パーティに最適です。3

・白身魚(1尾、写真は小ぶりの真鯛)
・ミニトマト(5〜6個)
・パプリカ(赤・黄、各1/8個)
・ピーマン(1/2個)
・マッシュルーム(2個)
・あさり(8個)
・ムール貝(4個)
・にんにく(ひとかけ)
・白ワイン(大さじ3〜4)
・水(1/2カップ)
・オリーブ油(大さじ1)
・ハーブ(イタリアンパセリやバジルなど適量)


作り方

STEP1

下処理があったりして、ハードルが高いと感じる人も多い、おしゃれな「アクアパッツァ」。実はコツさえ分かれば意外と簡単です。今回は、伊勢丹新宿店「シーフードプロモーション」のスタイリスト・矢野なぎささんからレシピを教えていただきました。パーティに最適です。4

まず、フライパンを温めます。真鯛には分量外のこしょうをふっておきます。フライパンにクッキングシートを敷き、半分に切って芯を抜いたにんにくとオリーブ油とを入れて温め、香りを引き出します。

ガスコンロで調理する場合、シートがはみ出て火がつかないように注意してください。


STEP2

フライパンを温めている間に、パプリカ、ピーマン、マッシュルームを4等分に、ミニトマトは半分に切ります。ムール貝は表面を洗って汚れをとっておきます。


STEP3

下処理があったりして、ハードルが高いと感じる人も多い、おしゃれな「アクアパッツァ」。実はコツさえ分かれば意外と簡単です。今回は、伊勢丹新宿店「シーフードプロモーション」のスタイリスト・矢野なぎささんからレシピを教えていただきました。パーティに最適です。5
下処理があったりして、ハードルが高いと感じる人も多い、おしゃれな「アクアパッツァ」。実はコツさえ分かれば意外と簡単です。今回は、伊勢丹新宿店「シーフードプロモーション」のスタイリスト・矢野なぎささんからレシピを教えていただきました。パーティに最適です。6

にんにくの香りが出てきたら、真鯛を右向きにフライパンに入れ、3〜5分ほど片面をこんがりと焼きます。焼き色がしっかりついたら魚をひっくり返し、さらに3~5分程焼きます。

にんにくがこげそうであれば、途中で取り出しましょう。


STEP4

下処理があったりして、ハードルが高いと感じる人も多い、おしゃれな「アクアパッツァ」。実はコツさえ分かれば意外と簡単です。今回は、伊勢丹新宿店「シーフードプロモーション」のスタイリスト・矢野なぎささんからレシピを教えていただきました。パーティに最適です。7

ワインを加え、さっとアルコールを飛ばしたら、水を加えて煮込みます。貝類から順に入れ、フタをしてさらに5〜10分煮込みます。

魚に十分火が通り、貝類が口を開けたら完成です。好みでハーブを散らしたり、スープの塩加減を調節してください。

下処理があったりして、ハードルが高いと感じる人も多い、おしゃれな「アクアパッツァ」。実はコツさえ分かれば意外と簡単です。今回は、伊勢丹新宿店「シーフードプロモーション」のスタイリスト・矢野なぎささんからレシピを教えていただきました。パーティに最適です。8

魚の存在感はもちろん、色とりどりの野菜や貝類がにぎやかで、目にも楽しいアクアパッツァ。パーティーシーズンにぜひ挑戦してみてください。

1点注意すべきは、火を通した魚は繊細でボロボロになりやすいです……。そこで、調理中に使うべきアイテムで、綺麗な状態を保ちましょう。詳しくは「FOODIE」をご覧ください。

3つのコツで調理がもう怖くない!まるごと1尾のアクアパッツァレシピ [FOODIE]

この記事を気にいったらいいね!しよう

ROOMIE(ルーミー)の最新情報をお届けします。

あわせて読みたい

powered by cxense